スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

大切な場所。

2017/03/25


ブログはしばらく書けないと思いますが、このブログは閉鎖はしません。

このブログは私にとって大切な場所で
ここで出会った方達のこともとても大切だからです。

コメント頂いたときは、時間はかかるかもしれませんがきちんお返事したいと思っています。

スポンサーサイト
comment (4) @ ★お知らせ★

少しの間、おやすみします。

2017/02/02

落ち着いたら

戻って来たいと思います。




comment (14) @ ふたり。

モヤモヤの理由。

2016/08/25
最近『共感性羞恥』という言葉を目にしました。

『マツコ&有吉の怒りの新党』で紹介されていたようです。

『ドラマの恥ずかしいシーンや他人のミスを目の当たりにした時に。→自分が恥ずかしい思いをした時と脳の同じ部分が働きあたかも自分の失敗のように感じる。』




私はこのことに当てはまります。

人が恥をかくシーンは、いたたまれず見ていられない。
もう泣きたいくらいに恥ずかしい。
人の失敗や、馬鹿にされているところとか。
よく言う「痛いよね」みたいな場面などが本当に本当に嫌。
耳を塞いだり目を覆いたくなったり。
思い出せば、子供の頃はそういったTV番組はカーテンに隠れたり座布団を被ったりしていました。


ものにもよりますが………。

マツコさんが映画の『ダンサー・インザ・ダーク』を飛ばしながら見るのも共感しますし、ドッキリ番組でテレビを消したくなる気持ちもわかります。
痛々しいニュースも見ていられない。
ハラハラするような月9のようなドラマが楽しめない。
職場の同僚が叱られているのを見ると自分のことのように思って心配になったり。おしゃべりの中で人の陰口や馬鹿にするような話題が出た時は、モヤモヤモヤモヤしていたたまれなくなります。
彼との会話の中でも、彼が話す他人の話を聞いているうちに自分のことのように思って話してしまったりして。「シノのことじゃないよ。」と言われることがよくありました。


自分のことじゃないのに自分のことのように感じてしまう。



この感情って、10%の人しか持っていない感情なんだそうです。
ほぼ8割の人はまったくわからない感情。

びっくりしました。


この感情が「わからない」「おかしいよ」って思う人が8割。
正直「嘘でしょ」と思いました。
まさかですよね???
むしろ、なんにも思わない人のほうが少ないように思うのですが。
10%って、本当なのでしょうか。


割合についてはさておき、
この感情については妙に納得。

生活している中で………なんとなく自分の感じ方に違和感がある時。
そういったモヤモヤしていたことのひとつに。
この『共感性羞恥』という感情が強いことも影響していたのかな、って思いました。

良いか悪いかは別として。
このことを知ることができたのは良かったです。モヤモヤした時は、いろいろごっちゃにして考えて話してしまっていないか、気をつけようと思いました。





彼はどうなんだろう。
この話題で話したことはなかったけれど。
しっかり物事を客観的に見れる人だから………そう感じたとしても、自己と他者を切り離して考えられると思います。





「共感性羞恥NAVERまとめ」
http://matome.naver.jp/m/odai/2147206258901184101

comment (14) @ 私。

Fated to love you ...

2016/04/25
彼のことが大好きです。


こんなにも好きな人がいることに、
年月とともに増す想いがあることに驚きます。


「愛してる」って言葉じゃあまりに安っぽい気がするくらいに、彼が愛しくて仕方ないのです。


私と彼が歩んでいく道は平坦では無いと思うけれど。


どうか彼が幸せでありますように。


彼の未来が守られていますように。


そう願ってやまない。





こんな私と一緒に居てくれてありがとう。

いつもいつも、困らせて悩ませてばかりでごめんなさい。

いつもいつも、大切なことを気づかせてくれる彼に。




心から感謝を。












comment (22) @ 思うこと。

まっしろなみらい。

2016/03/16
今、彼は私の隣でギター弾いてます。
注文してた楽譜が今日届いたので夢中になってます。
うん。カッコイイです。すごく。笑
邪魔しちゃだめだから私はブログ書こうかな。



今年に入って、1月に「告白記念日」があったので私達の関係も6年目に入りました。ブログを書き始めたのも2012年だったのでもう4年目ですね。
読み返してみると懐かしいです。
最近は更新もゆっくりだし、以前みたいに盛り上がってもいないですが、読んでくださってる方達に本当に感謝しています。
ありがとうございます!

私はFTM当事者ではないから彼の思いの全てをわかってあげることはできないけれど、私の立場で彼の思いに近づこうと考えてきました。ブログにも書いてきました。
FTMの方のことはちゃんとはわかりません。FTMということよりも彼のことだけを考えてきたから。
彼の生きてきた全てを。彼の思いを。
だから「なんか違う」と思う方もいると思います。

ちょっとショックで悲しい批判コメントもあったこともありました。
批判コメントは2人の人だけでしたが………
「オバサンのブログ」みたいな。笑
オバサン…………まぁ確かに。その通りなので反論はないけれど。30代だからオバサンなので……。ちょっと悲しいです。笑
だけど、考えてみると。
オバサンになっても、ずっと愛してくれてる彼には感謝です。
若い時の恋愛だけじゃなく、歳月を重ねてもずっとずっと仲良く連れ添って、彼と恋愛し続けていけることは本当に本当に幸せなことだな、って思いました。
このまま…ずっとずっと……。
おじいちゃんおばあちゃんになってもℒℴνℯℒℴνℯでいたいです。

幸せで楽しいことと同じくらい、悩んだことも不安なことも涙したこともありました。
今だにℒℴνℯℒℴνℯではありますが、もちろん衝突や気持ちのすれ違いみたいなこともあります。
過去記事にも何回か書いたことがあるように、今だに私の異常気象みたいなトンチンカンは治らないし、彼は不機嫌になったり苛立つと真冬のシベリアみたいに冷たいです。彼がそうなるような失言や失態を私がするからなのですが。
以前の私は、彼が冷たいと「もうダメかもしれない。どうしよう。どうしよう。」と不安に胸が潰されそうになって激しく動揺してしまいました。彼に隠れて泣いたりして。絶望………みたいになってました。
彼のその時の感情が、全てのように考えてしまっていました。
だけど、彼はずっとずっと私のことを好きでいてくれました。
私は自信の無さもあって「喧嘩したり揉めたりしても変わらずに好き。好きな気持ちは変わらない。」と言うことがわからなかったのです。
6年目の今は、色々な出来事や気持ちを乗り越えて。抜群の安定感があると思います。
何があっても彼と私は離れない、って確信があります。


まだまだ、これから先も色々なことがあると思います。
どうなるのか未来が見えないように思う時もあります。でもそれは、お先真っ暗みたいな未来じゃなくて。
可能性無限のまっ白な未来だと思います。
私と彼で創り出す未来。
私達が歩んで色づけていく未来なんだ、って。
これからも、ずーっと2人で生きていきます。
大好きな人とずっと一緒にいること。大好きな人と歩んでいけること。
それは何よりも素晴らしいことだと思います。


今の私達の夢は10年後には2人の家を買うこと。そして数年後には車も欲しいし!
ブログもずっと書いていきたいなー。老眼で目が見えなくなるまで。笑

comment (16) @ ふたり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。