FC2ブログ

過去の恋愛歴。(ちょこっと追記あります)

2013/07/02
ちょこちょこ。

彼の過去の彼氏達の話を書いたり。
彼に想いを寄せる男の人の話を書いたりしていたわけですが。

彼は過去に彼氏なるものが、二人いました。

中学から高校卒業までの彼氏と。

高校卒業後から、私と付き合う直前までの彼氏と。

約二名。

私と付き合う直前までの彼氏は、私も二回ほど会ったことがあります。
女性的な彼氏でしたね。笑
この前、写真を見付けて、彼の可愛さに私がどーんと凹んだりした例の元彼です。
彼が彼女の私より可愛いなんて、神様のいぢわる!笑
私が会った時は、元彼くんは昔の写真より太ってました。笑笑



振り返ってみると、彼の元彼についてはけっこう記事を書いていました。

ザッと見たら!!


「彼女な彼」の元彼

「彼女な彼」の元彼の写真が出てきちゃいました。

元カレの相談にのりますか?

彼の過去は気になりますか?

実はちょっとした喧嘩みたいなことをしてました。

「美女な彼」



こんなにあったΣ( ̄ロ ̄lll)ナント!

キャ―――――――ッ!!

やだ―――――――っ!!!

私、すごいヤキモチヤキじゃないの。笑
恥ずかしい話です……。

今はまったく平気なんですが、拘ってたんですね。笑

でもでも。
彼の元彼に悩む…なんて稀な症例だから。笑
どう気持ちを処理したら良いのかわからなかったんです。


私のように、元彼のことで複雑な思いを持った方もいるのでしょうか?


私のように元彼が…って話は今までコメントには無かったので、私だけかなぁって思って反省したりしてたんです。


彼は男だし。
女性をするために頑張って付き合っていた彼氏であり、そういうものだと割り切って付き合っていた彼氏であり、痛い子にならないための彼氏であったであろうから……(たぶん)。

そもそも、愛は無いのだから気にしなくてよいことなのだけれど。

私はかなりかなり気にしてました。笑
ものすごく気にしてました。笑
男にも女にも彼を奪われそうで。
不安で不安で仕方なかったからです。


今となっては「おバカですいません。本当にごめんなさい。」な話ですが。笑






で、長々書きましたが、本題はこれから。笑
これを書くための本題より長い前置き、ごめんなさい。


コメントに来てくださる方で、彼の元彼女のことで複雑な思いをされてる方が何人かいます。
元彼女についての悩みを聞きます。

ヤキモチや嫉妬。

前彼女の方が自分より素敵で、可愛い。

今も彼と元彼女は仲がいい。

まだ未練があるようだ……とか。



私の彼は元彼はいたけれど、元彼女はいないので。想像がつかないのですけれど。


そこは、やっぱり。
元彼女問題の方が確かに複雑だろう、とは思います。

ヤキモチとか、嫉妬はしちゃいますよね。
だって女の子ですもん。笑
元彼女より、今の私をより愛して!と思うのは当然と思います。
だから、そう思ってしまうことに罪悪感は持たなくていいと私は思います。


過ぎ去ったから、美しく見えるのかもしれないけれど。
思い出は美化されたりもするし、失ったものは恋しくなるかもしれない。


でも。

人はいつでも現在を生きる。

過去でも未来でもなく、現在を生きている。過去は過去にすぎない。


今、彼が愛してるのは。

今、彼が選んだのは。

今の貴女なのだから。


彼との未来を夢見れるのは、今の貴女だけだもの。

過去の恋愛歴は気になるけど。

過去があったから、彼は今の貴女を愛してくれてる。
彼の経験値であり、彼を作りあげた糧であり、愛する今の彼の一部。
彼の過去も愛しいから。



なんだか、うまくまとまらなくて。ごめんなさい。笑



だから、過去にとらわれず。

過去を乗り越えて。

彼との未来を夢見ていきましょうね。




それは。

私自身にも言えることだったから。
スポンサーサイト



comment (34) @ 彼の過去。

彼の着ぐるみと女装。

2013/06/05
書いた記事を読み直していて、なんとなく思いました。

彼が、綺麗、美人、可愛い。みたいに書いてたから。
読んでる方達が、もしかしたら。
女っぽいナツを想像しているのかもしれない………と。

あ、全然!女っぽくないです。
ソウナン(`・ω・´)ゞデス!


彼の着ぐるみは。
確かに本当に美しく華奢で繊細な作りです。

土屋アンナ的な洋風の顔立ちだし。
色は白くて滑らかだし。
痩せてるし。手首とか足首とか細くて骨格が華奢。なのに「プリプリお尻」だし。笑
彼には内緒のブログだったから、前に彼のおっぱいはそれなりにある、みたいにカモフラで書いたけれど。
実は洗濯板みたいにペッタンコです。笑
ごめんなさい。
私の方が小さいながらも膨らんでます。
まぁ、私がちょっと太ってしまったからってのもありますけど。
彼は痩せちゃって…。なぜ( ̄▽ ̄;)
159㎝、44㎏………。
彼の上に乗るときに、骨が折れやしないか心配でなりません!

………ってことで、着ぐるみはそうなのですが。



女装に関しても。
男になりすぎないようにしていただけで。

ボーイッシュな女の子。
男の子っぽい。あくまで、ぽい。ってだけ。
髪もスポーツ刈りはやめたけどショートで。服も、男の子の服ではなく、男の子っぽい服。
学生時代はバンドをしていたこともあり
メンズのダボダボのTシャツや、パンキッシュな短髪だった。
彼氏もいたし、変には見られなかったらしい。
彼氏もそれでよしだったみたい。

私が初めて出会ったときも。
メンズっぽいパーカーにジーンズ。履き込んだスリッポンスニーカーでした。
ぱっと見た感じ男の子だったけど。
いや、女の子だと思ったし。ボーイッシュだなーって思っただけで、違和感はなかったんですよね。
女の子だったんです。ちょい中性的。

気を付けていたからです。


そんな彼なので。
女子!って服は着たことないし。
今までも今も、メイクもしません。笑
友人の結婚式に、ウィッグを被り、ヒラヒラの衣装を着て、友人にメイクをほどこしてもらったことも、かつて一度だけあったらしい。
その時に、すごく綺麗な子がいると話題になったそうだ。笑笑
でも、本格的女装はそれきり。

私と付き合ってからは。
どんどん。どんどんどんどん。
男化の一途を辿っていて。私がストップをかけてるくらいですから……。
ダメダメゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
社会的に女やんなきゃないんだからね?

最近は、彼のお肌のお手入れや、眉毛や顔の毛剃りなども、私がしてます。

昨日も。
顔の毛を剃りながら。
彼の顔にカミソリをあてながら。
「愛してる?」と聞きました。笑

当然「愛してる」答えますよね。

笑笑


そうやって男化を、ダメー!と阻止しながらも。

男化した彼が。すごく素敵で嬉しくて。


アンビバレンスな感情に悩まされる私がいます。
comment (16) @ 彼の過去。

「美女な彼」

2013/05/17
「彼女な彼」のタイトル……。

「美女な彼」に変更しようかしら……。

ウ―――――(´・д・`)――――――ン

いやいや、変えないですけど。笑笑



何故こんなことを言うのかといいますと。

家に彼の昔の写真があってですね。
それを、彼の妹と一緒に見たわけです。

その中に、元彼との写真がありまして。

今まで、ブログに散々。
彼は美人だ、綺麗だ、書いてきたのですが……。

今の彼を見てそう思っていたので。
昔の写真を見たのは二回目ですが、前よりも恋人って感じで写ってる写真があって。それを見たのは初めてだったのです。


…………ていうか、元彼との写真だから。女子として写っているのですが。
彼女って感じで写ってて、髪も長いけど。


……………………。え?

え!!!ちょっと。

とんでもなく、可愛いんですけど!!!

え、ちょっと、待ってよ。え?なにこれ。
ナニコレ笑笑
あまりに可愛いすぎる!!!綺麗!
美人!

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

そりゃ、モテますわ。友達の中でいちばん可愛い言われますわ。
彼氏も………これは言わないでおこう。笑



あの、私、惨敗じゃないの!!!笑笑

三○))д゜*)


妹も「お姉ちゃん可愛いー、シノちゃんよりお姉ちゃん可愛いー。」と言ってました。泣

彼氏が彼女である私より、美女って何よ。笑笑

彼は、「シノはすごい美人だ」言うけど、やっぱり正しく世の中が見えてないんじゃないかしら。



まぁ。
それだけの美女だから、彼は、今もすごくカッコいいのだけど(//∇//)

私。彼を見るたびドキドキですもん。



そういう自分より綺麗な彼を持つ彼女は、私の他にもいますよね???



でもね。

今の彼を知っているから。
色んな話を聞いたから。

写真では。
幸せな感じで。仲良しな感じで。彼氏、彼女で写ってるけど。

心ん中は。どんなだったんだろう。
苦しかったかな………。
頑張って演じてたのかな。


彼の心ん中は。


とか、思ったら。なんか泣けてきました。


彼が。

私といることが。
本当に幸せだといいな。

私といる彼の心ん中が。安らぎに満ちてるといいな。


んで。タイトルなんだけど。

「美女な彼」には変更なんてしません。

これからも「彼女な彼」です。笑笑


彼より美女であるように。一生彼を私の虜にするべく、日々精進します('◇')ゞ

笑笑
comment (18) @ 彼の過去。

精一杯やったから。もう、いいよね?

2013/04/27
突然ですが彼はノーブラです。

ナベシャツ?とかは付けないけれど。

冬場はタンクトップで、夏場は流石に透けるから
透けないようにスポーツ用のハーフトップ的なものを身に付ける。

まぁ、そんなに大きくないからね。
ナベシャツ着る必要がない。
もし、胸が大きかったら胸オペもしたいと思うだろう、と言ってる。


「この人なんでブラつけてるの?」と周りに思われてるんじゃないかって思うから着けないらしい。

「なんでこの人ノーブラなの?つけなきゃだめでしょ!」って、むしろ怒られる事も分かっているけれど。
女の人はそれを身に付けなきゃならないらしいから。どんなペタペタなオッパイでも。

「このひとノーブラ?!」
と、
「なんでブラしてんの?!」
を比較すると、

このひとノーブラ?!と思われてた方が彼の中ではマシ。

彼はそう思っている。


「なんでこの人ブラしてんの?!」と思ってるのは自分だけである事も彼はよく分かってる。

それに周りの人が、(薄着でない限り)この人はブラをしているかどうかについて、いちいちチェックしていないことだって分かってるの。


「ブラをしてる自分が変態なような気になる。世の中は、つけてないことのほうがおかしいと判断することも分かっているのに。」

「一歩外に出ると、そんなくだらない事ばっかり考える。
こんな、くだらないことばかりを延々考えること。それこそが変態?なんじゃないかと思ってた。」

と彼は言っていた。




でも、

彼は私と出会って

「ああそうか、私の中の人は男なのに、女として見られなくちゃならない、と考えるから変な事ばっかり考えるのか。」

そう思ったのだそう。


封印していたことを。
「この人になら、シノになら。
私は素の私で居ていいのかも知れない、そう思った。」と言ってくれた。


彼は、彼の中の人が男であることは、ずっと前からわかってた。
小さい頃から知ってた。
それと同時に、それをそのまんま出すと、周りが変だ、おかしい、と口には出さなくても、そう思っているという事は察していたんだそう。

小さいなりに。


男勝りな女の子。
それが正しいポジション。
みんながそれを評価してくれる。
そしてそんな彼は輝いてさえいた。


彼は自分を封印をしていた。


そんな彼の中の人は、
あれが欲しいこれが欲しい、ヒゲが欲しいと思っていたようで。
付き合ってからも、何度も私に言ってた。



彼は、

自分の潜在意識?みたいなのは男であることを隠して生きてきた。
誰もが望んでない事であることを知っていたから。



彼は、私に言ったの。



「精一杯やったから、もういいよね? 」



そう。精一杯女として生きようとして、頑張って、頑張って。

周りの期待に答えようと、やるだけやった。





もう、いいよね。

自分を生きていいよね?





そう、私に言った。





うん。いいよ。当然でしょう?


貴方が自分を生きるために、私がいるのだから。



そして。

私が私を生きるために。


貴方が必要なんだから。
comment (12) @ 彼の過去。

「彼女な彼」と元彼の写真が出てきちゃいました。

2013/03/03
そうそう!

片付けをしていたら。

「彼女な彼」と元彼の写真が出てきちゃいました!

自分撮りみたいに写したカップル写真!

彼若い!

ていうか。男二人みたいでウケるんだけど(笑)



バンドしてた時の写真みたいだから。
何枚かあって。
他のメンバーと写したのもあり、
二人だけで写したのもあり。

誰かが写した演奏中の写真もあり。



いいんだけど。


おいおい。って思って。



彼に、「こんな写真が出てきました。」

って見せたら。

「はぅあ!!」Σ( ̄ロ ̄lll)


みたいになって!



笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑



捨てる捨てる!言ったけど。


二人だけで写したカップル写真は捨ててほしいけど、バンドの写真は捨てなくていいよ。って言いました。


バンドの写真かっこいいし!(//∇//)
もらっちゃった♪

彼はギタリストで、かっこいいんです。

かっこいいの!
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!




彼は元彼の話もするし。

元彼からもらった物もまだ使ってるのとかあるの。

写真も何とも思わずに持ってたし。


うん。うん。


男の脳だと思います。


男の人って、元カノのこととかズルズルしてたり。
物も捨てなかったり。
写真も持ってたりするものだからね。


女はさ。

バッサリよ。捨てるし、売るわよ(笑)


彼は、男脳なんだよね(笑)



あ―――………
それにしても。

彼のバンドの写真………

かっこいいです。


ヨダレでそう!



そうそう。

さっき、彼が、女の子のお祭りだからと
ケーキ買ってきてくれたの♪

これから食べます。

こっちはこっちで、ヨダレでそう(笑)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
comment (10) @ 彼の過去。