FC2ブログ

少しの間、おやすみします。

2017/02/02

落ち着いたら

戻って来たいと思います。




スポンサーサイト



comment (14) @ ふたり。

まっしろなみらい。

2016/03/16
今、彼は私の隣でギター弾いてます。
注文してた楽譜が今日届いたので夢中になってます。
うん。カッコイイです。すごく。笑
邪魔しちゃだめだから私はブログ書こうかな。



今年に入って、1月に「告白記念日」があったので私達の関係も6年目に入りました。ブログを書き始めたのも2012年だったのでもう4年目ですね。
読み返してみると懐かしいです。
最近は更新もゆっくりだし、以前みたいに盛り上がってもいないですが、読んでくださってる方達に本当に感謝しています。
ありがとうございます!

私はFTM当事者ではないから彼の思いの全てをわかってあげることはできないけれど、私の立場で彼の思いに近づこうと考えてきました。ブログにも書いてきました。
FTMの方のことはちゃんとはわかりません。FTMということよりも彼のことだけを考えてきたから。
彼の生きてきた全てを。彼の思いを。
だから「なんか違う」と思う方もいると思います。

ちょっとショックで悲しい批判コメントもあったこともありました。
批判コメントは2人の人だけでしたが………
「オバサンのブログ」みたいな。笑
オバサン…………まぁ確かに。その通りなので反論はないけれど。30代だからオバサンなので……。ちょっと悲しいです。笑
だけど、考えてみると。
オバサンになっても、ずっと愛してくれてる彼には感謝です。
若い時の恋愛だけじゃなく、歳月を重ねてもずっとずっと仲良く連れ添って、彼と恋愛し続けていけることは本当に本当に幸せなことだな、って思いました。
このまま…ずっとずっと……。
おじいちゃんおばあちゃんになってもℒℴνℯℒℴνℯでいたいです。

幸せで楽しいことと同じくらい、悩んだことも不安なことも涙したこともありました。
今だにℒℴνℯℒℴνℯではありますが、もちろん衝突や気持ちのすれ違いみたいなこともあります。
過去記事にも何回か書いたことがあるように、今だに私の異常気象みたいなトンチンカンは治らないし、彼は不機嫌になったり苛立つと真冬のシベリアみたいに冷たいです。彼がそうなるような失言や失態を私がするからなのですが。
以前の私は、彼が冷たいと「もうダメかもしれない。どうしよう。どうしよう。」と不安に胸が潰されそうになって激しく動揺してしまいました。彼に隠れて泣いたりして。絶望………みたいになってました。
彼のその時の感情が、全てのように考えてしまっていました。
だけど、彼はずっとずっと私のことを好きでいてくれました。
私は自信の無さもあって「喧嘩したり揉めたりしても変わらずに好き。好きな気持ちは変わらない。」と言うことがわからなかったのです。
6年目の今は、色々な出来事や気持ちを乗り越えて。抜群の安定感があると思います。
何があっても彼と私は離れない、って確信があります。


まだまだ、これから先も色々なことがあると思います。
どうなるのか未来が見えないように思う時もあります。でもそれは、お先真っ暗みたいな未来じゃなくて。
可能性無限のまっ白な未来だと思います。
私と彼で創り出す未来。
私達が歩んで色づけていく未来なんだ、って。
これからも、ずーっと2人で生きていきます。
大好きな人とずっと一緒にいること。大好きな人と歩んでいけること。
それは何よりも素晴らしいことだと思います。


今の私達の夢は10年後には2人の家を買うこと。そして数年後には車も欲しいし!
ブログもずっと書いていきたいなー。老眼で目が見えなくなるまで。笑

comment (16) @ ふたり。

流れを変える。

2014/10/07
先日、彼の誕生日の記事を書きました。



世界にはたくさんの人がいて。
その中で
私と彼が生まれて。
巡りあって恋をして。
こうやって一緒にいる今は……本当に奇跡なんですよね。

彼の誕生日を祝いながら、そう思いました。



私の今までの人生は………。
生きてきた選択は。

けして誉められたものではなくて、むしろ浅はかで軽蔑されるものだと思います。
一人だけですが、皮肉めいたことを言う人もいます。
言わないだけで、思っている人もいるかもしれません。

彼に出会うまでにも、出会ってからも。
色々なことがありました。
それでも、そのなかで精一杯の選択をしてきました。

あの時に戻れたら違う選択をするのかと……。

幾度となく考えても考えても。
結局、違う選択なんか無理だったという答えしかありません。

こうすることしかできなかった。



そんな私を。
彼はずっと支えてくれた。
一緒にいてくれた。

今の私があるのは、彼のおかげです。


彼も。
自分のセクシャリティのことだけでなく、色々なことがあって。
私のおかげだよ、って。シノがいなかったら、自分は死んでたかもしれない、って言っていた。
死にはしないだろうけど、死んだようなものだっただろう、って。
彼は、諦めてきたことがたくさんあるから。



付き合い始めた頃。
今よりもっともっと未来が見えなかった時に。
二人が一緒にいられることなんか無理に等しい事だった時に。


「流れを変えよう。」

そう彼と話していました。

このままではいけないから。
このまま流されるのでも、無理に流れに逆らうのでもなく。

人生の流れを変えていこう、って。
少しずつ少しずつ。
石の積み重ねや、土手が削れて、川の流れが徐々に変わって行くように。

石をひとつずつ積み重ねるように。土を少しずつ削っていくように。
よい流れに変えていこう、って。


そうやって、私達二人の今があります。
彼の忍耐と思慮深さが、大きかったとも思います。
私はいつも結果を急いでしまうけど、彼は慎重で待つことができる人だから。



漠然とした、まだまだ見えない未来。
でも彼となら、何があっても乗り越えて行けると思う。
彼となら、大丈夫だと確信できるのです。

失ったもの、得たもの。
すごく哀しいこともあったけど、煌めくような嬉しいこともある。
思うようにいかないこと、できないこと、諦めなければならないこともたくさんある。


だけどいつか……全てが巡り巡って、失ったものもいつか戻ってくる。
できなかったことが、意味あることに繋がっている。
そんな気がします。





人生は最後までわからない!

人生は不思議で、すばらしいものだと、信じているから。

彼と一緒にこれからも、良い流れを作れるように、頑張ります(〃^ー^〃)










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
☆sinoiro.blog☆

☆☆☆




comment (32) @ ふたり。

一緒に暮らしてから1年が過ぎました。

2014/04/10
彼と♡同棲(∩∀`*)キャ!♡を始めてから1年が過ぎました。
一時は危機到来か?!と思うときもありましたが、ラブラブな日々を過ごしています。


一緒に暮らすことについて。
付き合って間もない頃から「一緒には暮らしたくない。シノとは、ずっと恋人でいたいから。」と彼は言っていたのです。

彼と一緒に暮らしたくてたまらない私は、「どーしてー( ;∀;)?!」ってショックを受けました。
一緒に暮らすなんて夢のまた夢のような状況だったこともあって、私も半ば諦めていました。




でも、ある事件があり。私を一人にしておけないからと。
ナツが「もぅ、こっち来い!こっち来りゃーいーじゃん!一緒に住もう!」って言ってくれたことで、同棲がスタート。
予定外のことで、想定外だったようなものでした。



ずっと付き合ってきてはいても、一緒に暮らすとなると、やっぱり違うもので。
お互いに、今までは知らなかった部分、見えなかった部分、わからなかった部分があらわになりました。
ギクシャクしてしまったことも確かです。『恋する気持ちのその先。(リンク)』の記事にも書きました。


私は“倦怠期だった”ように記事を書いたのですが。

彼は“倦怠期ではなかった”と言います。

先日、彼はこう言ってました。
「自分は短気だし。イライラしたり、怒ったりしてしまうから。
だからシノとは一緒に暮らしたくない、って言ってたんだよ。」って。
「それはシノが嫌になって、とかじゃないし、私の性格だから。
それに、シノの嫌な部分があったとしても、そんなのは当たり前なんだ。だからって、嫌いになるわけじゃない。好きな気持ちに変わりない。
でも、シノは不安になって、気にしてしまうでしょ?シノにそんな思いをさせたくないし。
ずっとシノと恋人でいたいから。
今は大丈夫だけどね。」


彼の言う意味が、今ならわかります。


きっと彼は。
シノの嫌なところが見えたとしても、自分の気持ちは変わらないけれど。
シノが不安になるだろう、とずっと考えていたと思います。
本当に一緒に暮らしたくないわけではなくて。
好きな人と一緒にいたいに決まってますよね。笑


実際、私はそうでした。笑
ダメダメな自分が彼に嫌われてしまうかも、と思ったことで。そのぎこちなさから、彼を惑わせてしまいましたから。


一緒に暮らすようになって、互いの嫌なところが見えて別れることになったら。
それはそれで、最初から合わなかったのだと思います。
良いところだけを見せ合い、良いところだけを好きでいる関係に、本当の愛はないんですよね。


人間だからダメダメなところもあって。感情も揺れ動いて。
その時の状況で、不機嫌になったりしたとしても。根本的な想いは変わらないんです。
彼の言うように。
根本的な愛する想いは“倦怠期ではなかった”んですね。


彼のお陰で。
私の心は成長できていると思います。





一緒に暮らしてから1年が過ぎました。



私とナツは、恋人を過ぎて………
♡夫婦♡(事実婚)になってます♪




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
☆sinoiro.blog☆

comment (22) @ ふたり。

ナチュラル。

2014/01/06
2014年は、どんな自分になりたいですか?
どんな自分を目指しますか?



彼は、今年はもう少し男っぽさを出してもいいかな、と思う。……と言ってました。
少しずつ少しずつ、更に男を出していけたらいいな、って。


彼は女性として社会を生きているので、あまり過剰なことはできないのです。しちゃいけないな、と私だって思います。

どんなに違和感が強くても、どんなに嫌なことだったとしても、どんなに不快でも。世の中の常識で考えておかしなことはしないように気を付けています。
それは、ずっとずっと幼い頃から彼が努力してきたことです。
必要な時には女性らしい振る舞いをして、言葉遣いも柔らかくし、服装にも気を付けます。
彼から聞いた話だけでなく、私が実際に見ていても、それがよくわかります。
そうやって、自分を圧し殺して生きてきたのだろうと思います。

未治療で生きていかなければならない、生きていくしかない彼は、そうしなければならないですものね……。


それでも、私と付き合ってからは、男っぽさが目立つようになっていたんです。
私といるとき、自然体でいるようになってから、もう本当に!ビックリするくらいに。男っぽくなっちゃって。
外でもそうだから、私が「それはヤバイんじゃない?」と阻止してしまうくらいに。
付き合いはじめた頃の彼と、今の彼は、本当に違うんです。


心配していたんですが……。
男っぽいから、確かにファーストインパクトでは「あれ?」と怪訝に思う人もいたとは思います。でも、彼の人柄や行動などから、そんな彼はそんな彼で周りからそんな人だと受け入れられていたりしたんです。
ちょっと変わってるけど、やることはやる、しっかりした人だと信用されていたり。

だから、私も最近は男っぽさをそんなに抑えなくてもいいんじゃないかと思うようになりました。
彼自信も「急にはおかしいけど、少しずつ少しずつ男化していってもいいな、って思う。やることちゃんとやってれば、ある程度大丈夫なんだ、って思うよ。」って話していました。


彼が少しでも自然な自分で過ごせるなら、私もすごく嬉しいです。




私も今年はナチュラルな綺麗を目指したいな、って思います。

もうね。正直言って30代半ばだから。
20代とも30代前半とも違うんですよね。笑
だから、あまり背伸びせず、頑張りすぎないで。
シンプルでナチュラルなさっぱりした綺麗な人になりたいです。


それから。
無理しないのは外見だけでなく内面もです。

私は彼に嫌われたくなくて。ダメな自分を隠そうとしていました。
そのことが、二人の関係に歪みを作ってしまったりしたんです。

彼がことあるごとに言ってくれる「そのまんまのシノが好きだよ。最初から私は解ってるんだから。」という言葉の本当の意味を。私が知るのは、もう少し時間がかかりそうですが……。

色んなことを乗り越えて、無理しなくていいことを知りました。
人の心は揺れ動くものだから、甘んじてはいけないけれど。
私が私である限り、彼は愛してくれる(はず)。たぶん。








だから。

今年のテーマは「ナチュラル」です。笑




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
comment (16) @ ふたり。