FC2ブログ

いつまでも私を求めて欲しい。

2013/04/29
昨日は二人とも、お休みで。

今日も二人とも、お休みだった。


だから、昨日は二人で夜更かし。


お風呂も遅くに入って(別々にです)。

お風呂からあがったあとも、彼はゲームしたりして。私もスキンケアなんかしたりしてて。


それで、午前1時位から彼に抱いてもらったの。



日中から「今夜はゆっくりエッチがしたいの!」と彼におねだりをして。
「もちろん!」って彼も答えてくれていたから。


二人でお休みだから、時間なんて気にしないでいっぱい愛してもらったんです。
「すんごい、すんごい気持ち良かったみたいだよね。」と日中になってから彼に言われるくらいに。感じちゃったわけですが。笑



エッチのあとに彼に抱っこされて眠りにつく前に。


…………思いました。


付き合って長いし、会うたびにエッチをしていたようなもので。
一緒に暮らしてからも、エッチの頻度は多いのに………。


彼は、私の体を求めてくれるし、欲してくれるし、興奮してくれる。


エッチの時、私が感じて、ちゃんとイケるように、毎回毎回、丁寧に大事に抱いてくれる。


それって。


それって。


すごく、幸せだな……って。

すごくすごく、嬉しいことだな……って。



付き合って2年が過ぎたのに。


飽きるどころか。彼の愛が増してるようにも思えるくらいで。

彼は。私を綺麗だと、可愛いと言ってくれる。

確かに。彼と付き合ってから、以前よりは綺麗にはなったけれど……。


私は、若くないし。出産だってしている。


本当の意味では、綺麗ではないんじゃないかなと思うの。
彼の方が綺麗なくらいなんだよ、きっと。


………それなのに。


彼は。

私を求めてくれる。

欲情してくれる。

興奮してくれる。

綺麗だと、可愛いと言ってくれる。



すごく、幸せだな……って。

すごくすごく、嬉しいことだな……って。


感動して、泣きたい気持ちになる。




いつまでも、彼の綺麗な彼女でありたい。

いつまでも、私を求めて欲しい。




いつまでも、いつまでも。



彼に愛される私でいられますように。
スポンサーサイト



comment (10) @ love。

桜舞い散る春を行く。

2013/04/28
今日は、私も彼もお休みで、二人で買い物に行ってきました。


ニトリに、カーテンを買いに。笑

と、言うのも。

今、一戸建てを借りているのですが、二階を使用していなかったのです。

物も少ないし。寒いし。
エアコンが一階にしかないから。

使わない二階には照明もカーテンも付けていませんでした。

でも、暖かくなってきたから、二階をちゃんとした寝室として使おうか、ってことになり。


ニトリに行ってきました。



ホームセンターだけど、私は彼と出掛けるのがウキウキ♪

気分はデートです♪♪♪


なんか変?な感じではあったでしょうが、傍目から見ても、彼氏彼女に見えたと思います。笑


カーテンを選び。ガラスのグラス四個セットも。

これから、冷たい飲み物ばっかり飲みそうだからね。
今まで、湯飲みとマグしか無かったの。笑


ベッド売り場で、こんなの欲しいねーって。

展示してあるベッドに二人で横になってみて。
くっついて寝るから。ダブルベッドじゃなく、セミダブルでいいね。いつか、買おうね。って話して。



帰り道。

彼が。「あれ、桜だよね?満開じゃん!モコモコしてる!」って言うから、車の窓から覗いたら。

桜が、染井吉野が満開でした!!

薄いピンクの花弁。葉っぱも出てなくて、モコモコと花弁だけで。

彼が、車を停めてくれたから、二人で車の中から桜を眺めて。

風が吹くと花弁が舞い散って。

桜って、桜って。綺麗ですよね!


「やっと春が来たねーっ」て彼に言ったら。

「綺麗だね。」って。

「そうだね。」って言ったら。

「シノがね。」って。



え(〃'□'〃)ドキ!!!!!


ドキッ!として彼を見たら、赤い顔してハンドルに寄りかかってました。

笑笑



彼と二人で。

桜舞い散る春を行く。


何でもない日々が。

何気ない日常が。


キラキラの幸せ。


この当たり前のような、何気ない日々が。


いつまでも、続きますように。




**********************


彼におねだりしてガシャポンしてもらいました!
可愛いパンパカパンツ♪
↓一番欲しいのが出て嬉しい! 笑
comment (12) @ 彼との日々。

精一杯やったから。もう、いいよね?

2013/04/27
突然ですが彼はノーブラです。

ナベシャツ?とかは付けないけれど。

冬場はタンクトップで、夏場は流石に透けるから
透けないようにスポーツ用のハーフトップ的なものを身に付ける。

まぁ、そんなに大きくないからね。
ナベシャツ着る必要がない。
もし、胸が大きかったら胸オペもしたいと思うだろう、と言ってる。


「この人なんでブラつけてるの?」と周りに思われてるんじゃないかって思うから着けないらしい。

「なんでこの人ノーブラなの?つけなきゃだめでしょ!」って、むしろ怒られる事も分かっているけれど。
女の人はそれを身に付けなきゃならないらしいから。どんなペタペタなオッパイでも。

「このひとノーブラ?!」
と、
「なんでブラしてんの?!」
を比較すると、

このひとノーブラ?!と思われてた方が彼の中ではマシ。

彼はそう思っている。


「なんでこの人ブラしてんの?!」と思ってるのは自分だけである事も彼はよく分かってる。

それに周りの人が、(薄着でない限り)この人はブラをしているかどうかについて、いちいちチェックしていないことだって分かってるの。


「ブラをしてる自分が変態なような気になる。世の中は、つけてないことのほうがおかしいと判断することも分かっているのに。」

「一歩外に出ると、そんなくだらない事ばっかり考える。
こんな、くだらないことばかりを延々考えること。それこそが変態?なんじゃないかと思ってた。」

と彼は言っていた。




でも、

彼は私と出会って

「ああそうか、私の中の人は男なのに、女として見られなくちゃならない、と考えるから変な事ばっかり考えるのか。」

そう思ったのだそう。


封印していたことを。
「この人になら、シノになら。
私は素の私で居ていいのかも知れない、そう思った。」と言ってくれた。


彼は、彼の中の人が男であることは、ずっと前からわかってた。
小さい頃から知ってた。
それと同時に、それをそのまんま出すと、周りが変だ、おかしい、と口には出さなくても、そう思っているという事は察していたんだそう。

小さいなりに。


男勝りな女の子。
それが正しいポジション。
みんながそれを評価してくれる。
そしてそんな彼は輝いてさえいた。


彼は自分を封印をしていた。


そんな彼の中の人は、
あれが欲しいこれが欲しい、ヒゲが欲しいと思っていたようで。
付き合ってからも、何度も私に言ってた。



彼は、

自分の潜在意識?みたいなのは男であることを隠して生きてきた。
誰もが望んでない事であることを知っていたから。



彼は、私に言ったの。



「精一杯やったから、もういいよね? 」



そう。精一杯女として生きようとして、頑張って、頑張って。

周りの期待に答えようと、やるだけやった。





もう、いいよね。

自分を生きていいよね?





そう、私に言った。





うん。いいよ。当然でしょう?


貴方が自分を生きるために、私がいるのだから。



そして。

私が私を生きるために。


貴方が必要なんだから。
comment (12) @ 彼の過去。

「彼女な彼」

2013/04/27
私の彼は「彼女な彼」です。


セクシャルマイノリティとして、呼び方はあるのだろうけれど。


私が見ている彼。私が知っている彼。私が感じた彼。

彼は彼以外の何者でもない。



ナツキは、心は男性なのに、女性の体で生まれてきた。

そして、女性として生きてきた。


周りがそう望むから。

周りがそう扱うから。

周りの期待に答えようとした。

女性として生きなければと、必死で生きて、女性としてやるだけやって、男性と付き合うこともしてきた。

でもできなかった。
自分の性自認を変えることはできなかった。

そして、私に出逢ったの。

私に出逢って「全ての霧が晴れた。」と彼は言った。



本当に不器用な生き方しかできない私の彼。



私と出会い、彼と彼女になりながらも。

やむを得ない様々な制約から。社会的に女性として生き続けている。
これからも女性として生きていくでしょう。

様々な違和感や苦痛を感じながら。
それを圧し殺して。




それを私は勝手に「彼女な彼」そう呼ぶことにしたの。




ブログを始めて。
読者の方々の話が聞けるようになって。


FtMで、未治療の方。ホルモン治療をしている方。手術された方。

自分の性自認に迷っている方。


また、

戸籍変更され、FtMを脱して男性になられた方。

FtMの彼を持つ彼女達。


いろんな方の話を聞くことができました。




私は何も何も知らなくて。

ブログには、失礼なことを書いてきたかもしれない。


私が彼を理解しようと考えたこと、思ったこと。

彼と生きていくために。
将来を。未来を。二人のこれからを。
考えていることを書いてきたから。

それでも、みんな真剣に話してくれ、励ましてくれ、自分の気持ちを伝えてくれた。




まとまりのない文章になってきてしまったけれど。
ブログを始めて知り得たことがたくさんあります。


それぞれ、みんな制約や困難や違和感や。
悩むこと、苦しいことを抱えながら。
できること、できないことは、人それぞれ違うけれど。


自分を精一杯生きている。
そう思いました。



私達も、私達ができることの中で。
精一杯生きていきたいと思います。


私は私の「彼女な彼」と私達が得られる最高の幸せを目指して、頑張ります(^-^)


そして、皆さんを応援します!


幸せになりましょうね。


誰もが皆、幸せになる資格を持っている。
幸せにならなきゃならないんです。




そうだよ。

ね、ナツキ。

大丈夫だよ。

どんなでも。誰が何を言っても。

貴方は貴方だから。

「彼女な彼」で、私の愛する彼なんだから。


二人で、幸せになろう。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
comment (2) @ 彼。

駆け引きなんてできない。

2013/04/26
私は性格的に、白黒はっきりつけたくて。
結果を急いでしまったりします。

なんていうか。
大丈夫!って確信がないと不安というか。
予定が曖昧だと不安というか。


物事って。
確信はあるようでなくて、予定は未定なもので。


人の心だってそう。

人の心は一番揺れ動き、変わりゆくものかもしれないのに。


私は、今もその傾向があるけれど。

私のこと好きだよね?
私が一番だよね?
ずっと一緒だよね?
次はいつ会える?
来週は絶対来れる?

って、彼に聞いてしまうところがありました。


言葉が、約束が、確信が欲しくて。


彼は、「適当なことは言えないよ。何が不安なの?私を信じてていいから。大丈夫だから。」と言ってくれるのに。


自分に自信がない私がいました。


彼を失うのが怖くて。失ったらと不安で。
好きで好きで好きすぎて仕方なくて。

愛してるとの言葉が聞きたくて。
会えるという約束が欲しくて。
ずっと私を好きだと確信したくて。

彼は、基本的にグレーで。

結果を焦らずに待つことができる人です。
何にも言わずに様子観察して、色々考えている。
気休めのような言葉はけして言わないから


でも、彼と付き合っていくうちに。

言葉がなくても、約束がなくても。


彼が何があっても、私を愛してくれていると思えるようになり。

彼がたとえ不機嫌な時でも、彼の愛を感じることができるようになり。

私達は離れることがないと確信するようになり。



だいぶ自惚れてきました。笑



彼は「シノ、恋愛は駆け引きなんだよ。たまには、私を嫉妬させてみたら?」と言ったときがありました。


えΣ( ̄ロ ̄lll)

駆け引き?彼を嫉妬させる?

考えてみましたが。
いくら、自惚れてきたとは言え………。


ムリムリムリムリ無理!!!!


駆け引きなんてできない!

嫉妬させることなんかできない!


彼が好きすぎて、他はまったく目に入らないんだもん。


なので、ずっと私は犬。

彼は猫(の着ぐるみを着た犬だと最近知りました笑)。



先日。

彼が言いました。
「考えたけど……シノが嫉妬させるようなことしたら、あまりのショックに。別れよう、って言ってしまうかもしれない。」



ええΣ( ̄ロ ̄lll)!?


良かった……。
嫉妬させようと頑張ったり、駆け引きなんかしなくて。
そもそもできないけど。



恋愛に駆け引きはつきもの?かな。

でも、私には無理です。

私は犬でしかいられません。笑笑
comment (16) @ ふたり。