FC2ブログ

彼の優しい声と手。

2013/06/29
昨日から、なんだか体調が優れなかった。


気温が急に下がり肌寒いせいで風邪をひきそうなのか、体が重苦しくだるくて。

それに、ちょっと心を悩ませることもあって、いまいち気分も優れない。



彼が心配してパブロンを出してくれたから、それを飲んで。

「大丈夫かー」って抱きしめてくれるから、涙してしまった。
弱っているときは、涙もろくなってしまいますよね。



私も彼も、滅多に熱を出したりはしないほうです。

胃が痛いとか、頭が痛いとかはしょっちゅうだけど。笑




前に私が熱を出した時のこと。


体がゾクゾクして、皮膚に変なサラサラした痛みがあって。
熱が出そうなときって、そんな気持ちの悪い感覚になりますよね。

夜寝るときに「熱があるから、向こうの部屋で寝たほうがいいよ。うつると大変だから。あっちで寝て。」と彼に言ったんです。

彼は黙って向こうの部屋に布団敷いて寝ました。

とても具合が悪くて心細かったけど、彼にうつしたら大変。
そのまま、別々に眠ったのだけど……。


夜中に、目を覚ましたら。

私は彼に抱かれてました。

彼が「大丈夫?」って言いながら頭を撫でてくれて。


彼の優しい声と手に。


すごく安心したの。


向こうの部屋で寝たのに。戻ってきて私を抱いて寝ていた彼。

うつるんじゃないかと心配だったけど、嬉しくて。

そのまま眠りました。


朝に「戻ってきてくれたんだね。」って言ったら。

「当たり前でしょ。あっち行け、みたいにシノが言うから。」って彼。

私が「向こうの部屋で寝て」と言ったから、向こうの部屋で寝てて。
私が眠った頃に戻ってきて、私を抱いて寝たらしい。


なんだろう。すごくすごく感動したんです。嬉しくて泣きたい気持ち。




体調が悪いときは、そばにいて欲しいけど……。うつるんじゃないかと心配ですよね。


でも、私も。
彼が体調が悪いときは、彼を抱いて寝ます。必ず。


彼もそうなんです。
私を抱いて寝てくれる。



それからは、心配しながらも。
熱があっても、必ず一緒に寝ています。





今日は、早めにパブロン飲んだせいか。
体調は回復!

一緒に抱き合ってお昼寝もして。すごく気持ち良かった。

ありがとう。ナツ。



明日は一緒にお出掛けしようね♪



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



comment (22) @ 彼との日々。

キラキラ。

2013/06/27
辛いことや苦しいことはたくさんある。

色んなことを諦めて、辛いことを耐えて、悲しみや辛さを乗り越えて。
そうやって生きている。


なんで生きるのかな。
幸せって、なんなんだろうね。


幸せには、決まった形は無くて
いつでも幸せは自分の心が決めるから。
これが幸せ!って形は無いから。


「シノの幸せってなに?私と一緒にいること?」彼が言った。「それなら、もう達成されたよ。」


「ナツは?ナツの幸せは?」私は聞いた。


「シノを幸せしたいと思う。シノを幸せにすることが私の幸せだ。
でも、本当の意味で幸せには私は絶対になれない。
私はなりたい自分には、どうやってもなれない。」


そうだね。ナツは、なりたい自分には絶対になれない。




それでも、私はナツに幸せになって欲しいと思う。
ナツが幸せでないなら、私も幸せになんてならないの。

ナツの幸せが私の幸せ。私もそうだよ。

ナツを幸せにしたい。そう思う。


それは共依存なのかな。わからない。



ただ。
ナツを愛しいと思う。恋しいと思う。
大切で、必要と思う。

それだけ。




貴方を愛してる。


貴方に幸せになって欲しい。




貴方の歩む道も。私の歩む道も。
黒い石ころだらけで。
私なんて転んでばっかりだけど。

その中に真珠のような、金剛石のようなキラキラな石が落ちてるから。

かえって黒い石だらけで良かったかもよ?

本当のキラキラがわかるから。

偽りのガラス玉だらけだったら、本当のキラキラも紛れてわからなくなるもの。


偽りのキラキラが一番哀しい。


本当の本物のキラキラを。
見付けて。集めて。
大事に大切にして。つないでいって。


最後に、最高にキラキラなネックレスが作れたら。

こんなにキラキラな人生だったよ、って。二人で思えたら。


ううん。

キラキラな人生だったよ、って貴方が思えたらいいな。

ナツの人生をキラキラにしたいよ。



愛する人の幸せを願うのは、貴方だけじゃないよ。


私も愛する貴方の幸せを願ってる。祈ってる。



貴方が幸せでありますように。
comment (10) @ 思うこと。

私の彼への想いの時系列。(ちょっと追記あり)

2013/06/25
今日は、彼はお友達と飲み会です。

東京から帰ってくる友達がいるので、久々のメンバーでの飲み会。

六人くらいで飲むらしい。
彼には男友達いないので、メンバーはみんな女の子です。
ずっと女をしてきたから、バンドのメンバーは別として友達は女の子だけです。

お出掛け前の身支度で一緒にお風呂に入り。←ナゼ私まで入るかって話。笑

カムしてる友達が二人だけど、他はカムしない友達だから。
あんまり男っぽすぎない格好でいかなくちゃね、って、服を選んでる彼。

「シノ、眉毛と髭剃って~」って言われたから。
眉毛がつながらないように、鼻の下に髭がないように、顔の毛剃りをしてあげました。笑

そのあと髪を整えて。

うーん。男の子(もちろん美少年。笑)に見えるけど、ギリギリボーイッシュな女の子でいけるかな……。

ちょっと心配だけど、まぁいいか。




ってことで、私はお留守番。
終わったら迎えに行くの。
楽しみー♪わーい♪♪
お迎えだなんて、まんま彼女みたいじゃないですか♪♪♪
テンション急上昇!!!!!!!

今日、私は仕事中に会社の携帯電話をトイレに流してしまい、激しく落ち込んでいますので。orz
反省もしなきゃないから、お留守番中は、静かに他のブログを読んだり、自分の過去記事を読んだりしてました。
一人で寂しいし。笑笑


去年の12月からブログを始めたのだけど。色んなことがありました。

ブログに書けないようなトラブルなどもあったんですが……。いつか書けたらいいな、とは思っています。



まさか、一緒に暮らせる日が来るなんて。夢にも思わなかったんです。

飲み会に行く彼をこうやって家で待ってるなんて。こんな日が来るなんて。
しかも、お迎えに行けるなんて!!!!!
感動しちゃう!




色々な記事を書いてきたけれど、ブログがバレたとき。

彼は、
ライオン・ハート』の記事を読んだときは感動した。シノが本当に自分を愛して想ってくれてると思った。と言っていた。

そして、
うちに帰ろう。』の記事を読んで、シノを一生守ろう、大切にしようと思った。と言ってくれました。


私は、
誰そ?彼?』の記事が一番思い出深いかな……。
本当に切なくて。この頃は、今の生活が来るなんて夢にも思わなかったの。
切なくて切なくて寂しくてたまらなかった。


皆さんも、シノブログの記事でお気に入りの記事とかありますでしょうか?


ナツが、「シノは本当に時期をずらして記事を書くことがなくて、本当にあったことを少しはカモフラしてるけど、そのまんま書くんだな…って思って読んでたよ。」と言った通り。
時系列的に記事を書いてきたから。


ブログ記事は、彼へと続く恋の手紙で。

私の彼への想いの時系列。


今、読み返してみるとその時の自分の気持ちがリフレインします。
自分の記事を読み返して、笑ったり、思わず泣いてしまったり。笑



ブログ………書いていて良かったな、って思います*。oOo。.:*。.。*☆*・゜・
comment (34) @ 彼との日々。

不完全で未完成。

2013/06/23
先日、彼とテレビを観てたら。

私の大好きな壇蜜ちゃんが出てました(ノ゚∀゚)ノ !!!!←フライデーと春本を買うおじいちゃん。参照。笑

壇蜜ちゃんは、女性からはあまり人気がないのかな?
私の職場では「壇蜜ちゃんが好き~!壇蜜みたいになりたい!」って言うと、「え~!」って言われちゃうんだけど。ちぇ(`)з´)=3
懲りずに「壇蜜になりたい。なりたい。」言ってます。笑

最近は、「あ~、シノさん壇蜜になりたいんですもんね。」とサラリと当たり前のように皆言ってくれます。「なれそう、なれそう!」って。
ネタでお約束みたいになってます。

だって「アベサダみたいに色っぽい。」と言われる私ですから。←男、らしい。女、らしい。の記事で書きました。笑笑

「壇蜜ちゃんの真似して、寝そべってミーティングに出ようかな~。」
「係長に間違いなく踏まれるね。」
なんて話したりしてます。


彼も壇蜜ちゃんは好きだというんですが。テレビを観ながら、なんで好きか聞いたら。
「言うことが、おもしろいし。わかってるし。不完全な美人だからいいな。私は本当に完璧な美人!には魅力感じない。」と言った。


不完全な美人。完璧な美人には魅力を感じない。


「私も、不完全な美人だから好きってこと?」
「え。う、うーん。なんて言ったらいいのよ。」

笑笑

私も不完全な美人のようです。



確かに意味わかります。
何て言うんだろう。整い過ぎた美人より、若干不完全な美人の方が魅力的かも!
あ、私の弁護ってことではなく。(ヾ(・ω・)笑

なんか、これからもっと綺麗になる可能性がある方が惹かれるというか?



それに。
彼は「二人の関係が強まっても、確立させるつもりはない。」とも言います。
つまり、未完成。

未完成な関係のまま。

これから、もっともっと良い関係に、より強い絆に、どこまでも深い愛に。

いつまでもいつまでも、より良くなる可能性がある方がいい。

そういうことかな……?



不完全で未完成。

完全と完成を目指して、果てしない可能性がある。


夢の途中。幸せの手前。

それが一番素敵な状態かもしれない。



私はいつまでも不完全な美人で、彼を魅了し続けたい。

自分磨きを続けて、今日の私が昨日の私より綺麗でありたい。


そして。

私達はいつまでも未完成な関係で、より強く深い絆になるように。

互いを想いあい、彼と二人で果てしない幸せを夢見て、一緒に目指していきたい。


ずっとずっと甘んじることなく、努力しなきゃ、ってことですね。笑
comment (10) @ 彼との日々。

私が乗り越えた葛藤。

2013/06/19
以前、私が「彼女な彼」に憂鬱になる理由。という記事を書きました。

当事、彼を男と認識して、男としか思えない私は、彼の女性としての社会的立場や行動を受け入れることが、とても辛く苦しい作業でした。

今となっては懐かしい感情ですが、この記事を書いた頃は本当に辛かったのです。彼に隠れて号泣したことは一度や二度どころの話ではありませんでした。


こういった感情は、あくまで「私の場合」であって他の方には当てはまらないものであったと思います。



彼は彼で、ずっと当事者として悩み考えてきたことがある。自分の心、身体、社会的立場。乗り越え、受け入れていかなければならないことがある。
私は彼が苦しんでいることを、痛いほどわかっていました。支えたいと思っていました。

それでも私は私の立場で。彼を愛し、一生を彼と共にするために「彼女な彼」の彼女として、乗り越え、受け入れていかなければならない葛藤があったのです。


彼は彼で、私は私で。それぞれ自分で乗り越え受け入れること。
代わりに彼のことを私が、私のことを彼が、どうこうできることではないからです。

だからこそ、私は彼に相談することも話すことも、そういった自分を見せることもないように努めました。
どうしても、滲み出てしまうものはあったかもしれないけれど。

彼も、悩みや辛いことの半分くらいしか私には話してはいなかったと思います。
よく「私の問題だ。シノにはわからないし、シノが悩むことではないよ。当事者のことを彼女があれこれ考えて悩まなくていいよ。」と言っていました。

そう私も思います。
私の立場で言えば、私は彼女の立場の悩みや葛藤があって、それは彼に委ねるものではない。彼を悩ますものではなく、私の問題だからと思うからです。
互いを理解するために話し合うことと、悩みや辛さを訴えるのは違うと思うから。



そして、彼は乗り越え、私も乗り越えた。
今でも少しは気にしてしまうことはあるけれど、拘りや辛さはありません。

私は彼の在りのままを、受け入れることができた。
彼との未来を明確に考えていけるのです。

そうして、私達の絆は強くなったのだと思います。

彼が私を愛する気持ち、私が彼を愛する気持ちは本物で、揺るがないものだと。
二人で生きていくのだと。
信じることができるようになりました。



彼がブログの存在を知っていながら、沈黙していてくれたことで、私は自分の素直な気持ちをブログに書くことができました。

満を持して、彼がブログを知っていたことを話してくれた時には、彼が知っていたら書けなかった悩みや葛藤は全て書ききっていたのです。

だからこそ、彼はそのタイミングで話してくれたのでしょう。
私の気持ちや想いを察していたからこそ、待っていてくれたのだと思います。



昨日、彼に初めて話をしました。
当事、私が辛かった葛藤は何だったのか。どういった時にそうだったのか。

現在進行形では無い、過去の思い出話として。

お互い、色んな感情を乗り越えたね、と。


葛藤を乗り越えて、受け入れて。
そして今の私達がある。
彼は私を愛してくれる。私は彼を愛している。

揺るがない二人の愛の絆がある。


だから、「ブログにはもう劇的なことは書けないかもしれないね。」と彼に話しました。
彼も「そうだね」と言っていました。

私達は、もう落ち着いちゃったから。
日々のいざこざや問題はあるとは思うけど。
秘密の二人の関係であることは変わらないけれど。
ただの彼と彼女として、ビールの泡のことで喧嘩をするような。笑
ただの恋人同士になれた。


私は彼の愛を疑うことは、この先無い。彼が「彼女な彼」であることで、私が葛藤することは無いと確信しています。



女性の身体に生まれた男性。
「彼女な彼」であるナツキ。
治療は不可能で。この先、未治療のまま、女性としての社会を生きていく。
一生、女性を演じて生きていく。

ブログを書いてきたこれまで。
ブログに寄せられた読者の方々のコメントは、優しさに溢れていました。
否定は一切ありませんでした。
読者の方達にどんなに励まされ、救われてきたか。感謝の気持ちでいっぱいです。
それは、ナツキもだと思います。
彼も、コメント欄を読み、どんなにか救われただろうと、私は勝手に思っています。




これからは、日々の他愛もない話しか書けないかもしれないけれど。笑
ネタも無いし!笑笑

それでも良かったら。
読んでいただけたら嬉しいです。.。*☆*・゜・
comment (48) @ 私。