FC2ブログ

夏の宝物。

2013/08/31
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
スポンサーサイト



comment (-) @ 彼との日々。

恋する夜。

2013/08/29
仕事が忙しくて、なかなか更新ができないでいました……。


昨日、やっと研修も終わり。提出書類も終わり。すべて終わり………ではなく。
研修の成果を何かの形で実践し、報告書を書かなければなりません。
まぁ期限は三ヶ月後だから、とりあえず。ま、いっか。笑

PCの苦手な私は、書類も彼に手伝ってもらいました。
会社で仕上げられずに自宅に仕事を持ち込んでしまい。
テーブルで打ち込んでいたのですが。

彼は私の膝枕で寝てましたが、できなくて、彼を起こしました。笑
「できないの、これ」
「何でやってんの?WordじゃなくてExcelでしょ?」
「え?」
「ほら、貸して。」
ってことで。笑

あっさり完成。
ヤタ━━━━ヽ(´∀`*)ノ ━━━━!!!!



先日は、二人のちょっとした記念日でした。
買い物ついでに……。
彼と記念にプリクラを撮りました。
プリクラなんて10年ぶりでした。笑笑

そして、驚愕Σ( ̄ε ̄;|||・・・ブッ!

デカ目に!勝手にデカ目に!!!
今のプリクラって、勝手にデカ目にされちゃって、なんか唇とか頬とかもホンノリピンクになっちゃって………。

………………誰ですか?これ。

私よりもナツが酷いの!!!笑

二人でいっぱいいっぱい笑い転げて、脇腹が痛くなったけど。
恋人同士みたいに寄り添って、写真を撮ったのは初めてだったから。

嬉しくて。嬉しくて。
スマホの待ち受けにしました(*´艸`*)♪

プリクラとか、絶対撮らなそうなナツなのに、記念に撮ってくれて……。
胸がキュンキュン☆でした。



そんなこんなで、ナツに色々してもらって。もう、ナツへの好き好きが溢れてしまってます。

いつも、いつでも。ナツが大好きで大好きで仕方ないのだけど。
もっともっと、大好きで愛しくて恋しくて仕方ないときがあります。

そういうときってありませんか?

そういうときは、私。
夜もあまり眠れません。笑

ナツキが大好きで大好きで。どうにもできなくて、眠れない。

恋する夜。

ちょっと寝ても、目が覚めて。
隣で男らしくワイルドな体勢で寝ているナツをしばらく見て、にやけながら掛け物を直してあげて。
直したそばから「暑いんじゃ―――!」みたいにはだけちゃうんですけど。笑

またちょっと寝て、目が覚めて。
ナツの寝顔をジーッと見て。
ちょっとアヒルみたいな唇にキスして。
眠りが浅いと唇を尖らせるんだけど、ぐっすり寝てると、チューッとキスしたまんま1分以上してても微動だにしません。

またまたちょっと寝て、目が覚めて。
暑さで寝相が悪くなり、とんでもない場所に移動しているナツをヨイショと布団に戻して。(今、ベッドじゃなく布団敷いて寝てます。)
移動させると、目を少し覚まして「えー?」みたいに寝ぼけるから。
うつ伏せで寝かせて、背中や足をマッサージして眠りに戻します。笑
眠ったかな、と思うと、またガバッと起きて「え?!」みたいにするときがあるので、また背中をポンポンして眠りに戻します。
途中で起こしちゃったからで、ごめんなさいです。


大好きで愛しくて恋しくて。
どうにも仕方のない恋する夜に。

私が2時間毎に目を覚まして。ナツに色々していることに………。

彼は、まったく気付いていません。笑






ブログ書いたから、バレちゃいますけど(´・ω-)bネッ。


笑笑





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
comment (28) @ 彼との日々。

プラトニック ~プラトンのような~

2013/08/23
プラトンの『饗宴』は読んだことはありますか?

私はかなり昔にサラッとだけ読んだことがありますが、当時は難解でした……。
印象的な文節だけは、記憶に残っています。
学生時代に、「プラトンを知らずしてプラトニック・ラブという言葉を使うなんて」みたいなことを言う先生がいて。
速攻で読みました。笑


私とナツが尊敬している、戸籍変更されたFTMだった方がいるのですが、
先日『シノさんはプラトンの饗宴は知っていますか?』と聞かれ、とても嬉しくなりました。
私の記事には、このプラトンの『饗宴』から影響を受けたものがあるからです。


『饗宴』の副題は『恋について』らしく、詩人アガトンが開催した祝宴で、アテネの教養ある男達五人が愛の神エロスについて、即興で各々の見解を述べるのです。五人のあと、最後に巨匠ソクラテスが語るという対話篇です。
ここでの愛とは時代背景などもあって『同性愛』『少年愛』についてです。ソクラテスも『少年愛』がある人なので。
でも、同性愛や少年愛に限らず、恋愛としての考え方として素晴らしく、興味深い見解なんです。


私は特に喜劇作家アリストパネスの見解が好きです。
ナツキと恋をしてから、ますます共感するようになりました。

アリストパネスの見解は以下です。
『人間は太古の昔には男性、女性、男女両性者の三種類あった。
自惚れから人間が神に謀反を企てたため、神々は体を真っ二つに切断する罰を与えた。本来の姿が二つに切断された人間は、それぞれの半身に恋い焦がれ、求め、一緒になろうとする。
かつて、男であった、女であった人間が切断された場合は同性愛となり、男女両性であった場合は異性に恋をし、互いに腕で抱き合い、絡み合い、ひとつになろうとする。
愛する者と一緒になり、ひとつになり、二人でありながら一人、一人でありながら二人で、それこそに愛という名がある。(最後にソクラテスを称えてか、一番素晴らしいのは男と男の恋愛である!と断言しちゃうのですが。)』


考え方がすごく素敵だな、と思います。
(*’∀’*)オォー……♡*。+
私の記事では、
怖い夢
そこに愛があるから
などが影響を受けて書いています。

愛する人を求めてやまない、ひとつになりたいという強い想い。
愛しくて恋しくて大切な私の半身。
私はあなたで。あなたは私で。だからこんなに愛しくて、大切で、切ない。
あなたが幸せだと私も幸せで、あなたが悲しいと私も悲しい。
一人では不完全で、二人が合わさると完全なのだという気持ち。
ナツと私は、もともとはひとつで、同じ魂を共有しているかの様な感覚。
ひとつになるのを阻む体が邪魔だー!ってイライラするくらい。笑

そんな思いを、ナツも私も持っていて。
付き合いはじめの頃からそんな話をしていました。
不思議だね、って。本当に愛する人に出会うってこんな感情になるんだね、って。
だから私達は、ナツセクシャルで、シノセクシャルなんですฅ(๑>ω<๑)ฅキャハ!!
私はナツしか愛せない。
ナツキはシノしか愛せない(はず。たぶん。笑)。
あれ?そうだよね?ナツさーん!笑笑

本当に愛する人に出会ったから、もう他の誰にも恋をしたり愛することはできないんですよね。


そしてタイトルのプラトニックなんですが。(今では死語?かもしれないけど。)プラトンのような、と言う意味で。精神的な、という意味のようですね。
プラトニック・ラブとか昔は言いましたけど。肉体関係の関与しない、精神的な愛?

でも、ソクラテスは肉体的な愛を否定はしてないんです。
『ひとつの美しい肉体から、ふたつの美しい肉体。そのふたつの美しい肉体から美しい営みがあり、その営みから美しい学びへ。肉体への愛を知り、知への愛を知る。あらゆる相対性を乗り越えて永遠へ。』
哲学だから、難解で、私も読み込んでいるわけでもなく、読解力も乏しいのですが。

愛する人だから、恋しい人だから。
互いを肉体的に求めて愛し合うのは、当然だと思います。
互いの肉体に美しさを感じて恋しい。
でも、その肉体が衰えたり、変わったりしたときに。そうなっても、愛が失せることはない。
愛したのは、愛する人の体だったから。
だから変わったとしても、愛する人であるなら変わらずに愛する。
どんなに変わったとしても、愛する人であることは変わらない。
私はプラトニックってことを、不変の愛だとそう捉えています。

私は、ナツキに恋して愛してる。
最初は、ナツキの容姿や、女性である彼の中に男を感じて惹かれたけれど。
ナツキという人間を、心、魂レベルで大好きなんです。
だから、今となっては、ありのままのナツキが好きだし、男でも女でも、例え人間でなかったとしても、変わらず好きです。

私はナツキによく言います。
「私はナツがだーい好き!例え人間でなかったとしても好き!宇宙人でもいい。実は宇宙人なの?白状してもいいよ?」って。笑


ナツキがなんだったとしても、どんなに姿形が変わっても。
貴方が貴方である限り、ナツキがナツキである限り、愛する気持ちは変わらない。

デブっても、ハゲてもいいよ。笑



ずっとずっと、貴方を愛してる。
comment (16) @ ひとりごと。

彼の髪をカットしてあげました。

2013/08/21
毎日、暑いですねー。

彼の髪が伸びてきたので、切らなきゃ切らなきゃと言ってたので……。


昨日は、シノの床屋さんをオープンしました!笑

初店舗!!!



初めて、彼の髪をカットしてあげたんです。
メチャメチャ緊張しましたー。ハラハラ(((ノ)゚Д゚(ヽ))))ドキドキ


いつも彼は自分でカットしているんですが。
「サイドはいいけれど、後ろができない!」っと嘆いていたから……。
思いきって「私が切ってあげる!」と名乗りを上げました。

ちなみに私も彼もド素人です。笑


でも、彼は上手です。
美容師の友人に「自分で切ったの?すごいね!」と言われます。


本屋に行って、切り方の本が無いかと探したけれど見付からず。

ヘアカタログを買う?とナツに聞いたら「カタログ見たからって、その通りには切れないよ。」と。

そりゃそうよね。切るの私だし。笑

こんな髪型に切ってあげられたらなー…と思いながらメンズヘアカタログを眺めてきました。


結局、二人でYouTubeで検索してみました。……よくわからなかったけど。

とにかくトライ!


チクチクするから、お風呂に入る前がいいよね。入るときに切ればいいか!ってことで。


二人でお風呂に入るべく、全裸で洗い場で散髪開始。
裸でチョキチョキです。
「新手の商売みたいー!裸の床屋さん!」って、二人で笑いました。

鏡の前で切るから、鏡にうつってるし。笑
可笑しいから!!!笑笑


怖くて不安だから、ちょとずつちょとずつ切っていって。なんとかなんとか……それらしく切れました。

全身毛だらけの、おさるさんみたいになったナツをシャワーで流して、お風呂に入って終了。


ナツが「いいよー。大丈夫。うまくいったよ。」と言ってくれました。←優しい…。


良かったー!(人´∀`*)ヤッタァ



「これからは私が切ってあげるね!」と宣言したので。←いいのかな?笑

ちゃんと上手になりたいなー。ならなきゃ!o(`^´*)ムン



ブログを読むと、彼の髪を彼女が切りました!って画像があったりして。←上手なんです!

すごーい!って思ってたんです。
頑張らなきゃ!o(`^´*)エイエイオー



シノの床屋さん。

顧客はナツ限定です!

場所はお風呂場です。

裸になるのが原則です。笑笑
comment (16) @ 彼との日々。

彼の心を感じるとき。

2013/08/17
お盆も終わりましたね。

お盆のときは、地域でちょっとしたイベントがあったりしませんか?
田舎だからだとは思いますが、私が今住んでいるところでも、地域というか地区のイベントがありました。

私にとっては知らない土地ですけど、彼は生まれ育った土地です。
なので、彼も手伝いを頼まれて暑い中頑張ってました。
日中のイベントの他に、夜には盆踊りもあったりして。
屋台なんかも出て、小さな地区のイベントのわりには盛り上がってました。笑

地区だからご近所で、昔からのよく知っている人達の集まりなんですよね。
だから彼は、○○さんとこの娘さん、なんです。笑
私はこの土地の生まれではないから、まぁ部外者なんですけど。

彼が働いてるのを見に行きました。
|ω・`)コッショリとね。笑
せっせとみんなにお茶を配ってました。
半纏着てて、どこの兄ちゃんかと思いました。笑笑

それで、来てる人達にアイスが配られたんです。私は隅っこに隠れてたし、私を知る人もいないので貰わなかったんですが……。
彼が、自分が半分食べたガリガリ君アイスを妹に渡して、「シノちゃんに渡して来て。」と頼んだらしく。
「シノちゃん、食べてだって。」と妹が持ってきてくれました。

すごく嬉しかったんです。

洋梨味のガリガリ君が美味しくて嬉しかった!のではなくて。(美味しかったけど。笑)

彼の食べかけを食べれてストーカー的に嬉しかった!のでもなくて。(私は彼のストーカーだから嬉しかったけど。笑)

なんでしょう。

彼にとっては近所で知り合いの地区の人達だから、彼に迷惑が掛からないように、こっそりと隅っこにいたんです。
私にとっては知らない人ばかりだし。

そんな中で、彼が、私を気にかけてくれてたのが嬉しかったんです。



何気ないときに、パートナーの愛を感じるときってありませんか?

本当になんでもないことだったりするんですけど。

何気ないときに。
彼の心を感じるときがあります。彼の愛を感じるときがあります。


身震いするような、鳥肌が立つような、感動にも似た、ジワジワする感じで。


彼が、私を好きなんだと、愛してるんだと感じて。

すごくすごく嬉しくて泣きたくなる。笑




昨日みたいに、忙しいのに私を気にかけてくれてたり。

仕事の帰りに、「雨が降ってるから心配だよ。気をつけて。」とラインが来たり。

疲れて足がだるくて辛いときに、すぐにドラッグストアに行ってバンテリンを買ってきてくれたり。

夜寝る前に頼んでなくても、体が辛いのを察してマッサージしてくれたり。

熱が出たときに、うつるからと別々に寝たのに、私が寝付いたあとに私を抱いて一緒に寝てくれていたり。

ちょっと気まずいことがあったあとに、「一緒にお風呂入ろう。」って言ってくれたり。





何気ない日々の何気ないこと。

その中に、彼の心を感じるときがある。



すごくすごく嬉しくて、すごくすごく幸せです。




私は彼が大好きです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
comment (20) @ 彼。