FC2ブログ

彼が私を恋しい季節。

2013/10/27
この歳になって。
タバコの10個買いがカートンだと知りました。今まで、カートと言っていました。
この間、ナツのタバコを買いにいった際に(ナツは買わなくていい、と言うけど何かのついでに勝手に買ってきてます。笑)、店員さんに「ワンカートンですね?」と聞き返され……。
あれ?と思い、ナツに聞いて発覚。
カート買いって、カゴいっぱいですよね。( ̄▽ ̄;)



…………寒い話の流れで、本題です。

最近、急激に寒くなってきましたね。
(私の話で空気が寒いのではなく、季節の話です。笑)

この間まで夏だったのに……もう冬来るの!?みたいな。笑
嫌~な、刺すような寒さを感じるようになりました。
気持ちが引き締まっていいときもありますが……。
寒いのは、やっぱり大変ではあります。
特に、朝( ̄▽ ̄;)。
仕事に行きたくなくなります。笑

秋は足早に過ぎ去って。
そろそろ初雪が降るんじゃないかな。
毎年、11月になると雪が降るんです。
あっという間に冬将軍がやって来そうです。

ブランド好きな同僚は。
COACHのダウンを買ったから早く着たい!とウキウキしています。笑
私は、去年、彼からプレゼントされたお気に入りのコートがあるから♪
早く着たいです(*´艸`*)♡*。+楽しみー♪



そして、嬉しいことがありました!

私は仕事の関係で、たまに家に帰らないときがあるのですが……。
先日彼から「シノがいないから寒!!」と真夜中にLINEが来ました。
シノがいないから寒い……って。

キャー!!!←黄色い歓喜の声。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

以前、『抱けない夏』の記事にも書いた通り、私は体温が高めなので。
夏は暑苦しがられて彼が離れてしまうのですが……。
寒い秋冬は、私をしっかり抱いて眠ってくれるのです。
“彼専用の湯タンポな私”なんです!!←力説。

寒い冬は“彼が私を恋しい季節。”
“私の季節”なんです!←ちょっと違う。笑

ちょっと前にも、肌寒かった日に。
薄着で寝ている彼に「寒くない?」って聞いたら。
「シノがあったかいから大丈夫。」って言っていて。その辺りから、ちょっとウキウキと期待に胸を膨らませていました。
「私の季節が来るわー!」って。笑

そして、ついに待ちに待った「私の季節が来たわー!」になりました。笑笑

ヨロコビーム!(●´∀`)ノ+゚*。゚喜+゚。*゚+

どこからかファンファーレが聴こえてくるような、嬉しさです!


一緒の布団に寝ているのですが、彼がくっついて来てくれると、嬉しくて嬉しくてたまりません。彼への愛しさが募ります。

逆に背を向けられると寂しくなります。←ウザい。
でも背を向けている彼にピッタリくっつくのも、密着度が高くていいんですって。←彼からの情報。

彼に抱かれて眠るのも、彼を抱いて眠るのも大好きです。



寒い寒い大変な冬。
でも彼と一緒に抱き合って眠れる素敵な季節でもあります。


夏将軍は、恋人たちにはちょっとイジワルだけど。
冬将軍は、恋人たちに優しいかも!


私は彼の身体を暖めてあげたい。

そして。
私は彼の心も暖めてあげたい。
彼の心を暖めてあげられる存在でいたい。

いつもそう思います。


実際は、ヒヤヒヤさせてるんですけどね。笑


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



comment (17) @ 彼との日々。

どう告白されたいかなぁ……?(追記しました!)

2013/10/24
恋人達それぞれ、出逢いの形は色々ありますね♡*。+
恋の始まりもイロトリドリ。


出逢いのひとつの形としてSNSがあります。

私は、ブログ初心者だったし、検索して調べものをする以外はネットを利用したことがなかったので、実はSNSという言葉も知らなかったんです。

ブログを始めてから、よくSNSという言葉を目にするようになり、ナツに聞いて何なのか知ったくらいです。

恥ずかしい話、最初はSNSとSRSを言い間違えたくらい何も知りませんでした。




古典エッセイストの大塚ひかりさんは「和歌の世界はネット言語の世界」と言っています。

歌詠みから始まる平安の貴族の恋愛は、メールやネットでのやり取りで気持ちを確かめ合う現代の恋愛に似ている、と。

SNSで出逢い、書かれた言葉に恋して、その言葉の力で惹かれ合う。顔を見ていない段階で相手の心理を探り合う。
恋文ですね。

時間をかけて言葉のやりとりをしていると、しだいに人格やその人らしさが出てきます。

顔が見えないからこそ、外見に惑わされない、その人の本当の心の姿が見えることもあるのでしょうね。


千年経っても恋愛は、恋する心、恋する過程は、変わらぬものなのでしょうね(*´艸`*)♡*。+




前置きが長くなりました。
本題です。一例なんですけど。
同様の話を何人もの方がしていたので……。

☆SNSで出逢って、何年もお付き合いをしていた。
☆メールや電話はずっとしていたけれど、まだ一度も会ったことがない。
☆お互い惹かれあって、段々に会いたいな……と思いはじめていたけれど……。

新しく二人の関係が、前に進もうとしているとき……。

その時に。
自分の思いとか、FTMであることとか。
男性側はどんな風に、打ち明けたらいいでしょう。
女性側としてどんな風に、打ち明けてもらったらいいのでしょうね。

すごくドキドキしてしまいますよね!
・:*:・:┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ:・:*:・
カミングアウトや告白は、とても勇気がいるものですから。

電話とか予め聞いたらいいのか、直接会ってからか………?
どんな風に、なんと言ったらいいのか……。
どんな風に、なんて言われたいか……?


私だったら……と考えて考えて、答えが出ませんでした。




皆さんは、どう思いますか(*´艸`*)?
comment (12) @ 思うこと。

自分自身を見つめ直すこと(私のADHD)。

2013/10/19
先日は、私の両親が遊びに来ました。

前日に、ナツがラグや座布団など汚れたものを買い替えてくれて。
夕食の準備などもしてくれました。おもてなし料理が苦手なので、ナツに甘えてしまいました。←ダメダメな私です。

魚を焼くのをナツに頼まれたのですが、火力MAXのグリルに投下したまま忘れてしまい……。
でも、ちゃんと焼き上がって食卓に並びました。はい。ナツが気付いてちゃんと焼いてくれたので。笑
母が「ナツさんが、火力MAXだし!って言いながらひっくり返してたよ。まったく、シノは……。」と呆れていました。

私は後片付け(だけですけど。)をしました!後片付けは(たぶん)ちゃんとしましたよ!←言い訳?



*********************


こんな感じで……。

私はADHD-AC(リンク)の傾向があるのです。
ADHD-AC(リンク2)






大人のADHDの例より。

・書類の作成などやらなくてはならないことがある時に限って、部屋の掃除を始めたりテレビを見たりして、別のことばかりしてしまう

・バスや電車、映画館などじっと座っていなければならない場面で、苦痛や退屈をかなり感じてしまう

・しょっちゅう物を失くして、探してばかりいる

・期限のある振り込みや書類作成、手続きが苦手。いつも期限ギリギリで、間に合わないこともある

・やることが多くてどこから手をつけていいかわからず、常に追われてパニックだ。そういうとき、結局どれも中途半端になるか、全てを放棄して現実逃避したりする

・その場の感情や思いつきで行動してしまうことが多く、あとで後悔する

・人と待ち合わせすると、遅れてしまうかギリギリになってしまうことが多い

・次の日早く起きなくてはいけないとわかっていてもついつい夜更かししてしまったり、仕事の日でも遅刻したりするなど、生活リズムについて深刻な悩みがある

・そんなに話したいわけでもないのに、気づいたらしゃべりすぎてしまっていることがよくある

・そそっかしくミスが多い

・忘れ物をすることが多い

・人の話を最後まで聞かずに、遮って話し始めてしまう





*********************

おしゃべりで、失言も多く、不注意で、忘れっぽくて、注意力散漫で。とんちんかんで。
自分に自信がなくて、自分が大嫌いで、周りに合わせることに必死になる。

全ての症状に当てはまるわけではないけれど、まぁ落ち着きない。
興味あることや、好きなことはよくできたり集中できるんですけど。
偏りがあるんです。

小さな頃からずっとだったので、ナツが気付いた時も、衝撃も何にもなくて「あ、やっぱり。」とだけ思いました。


婚姻中も義母や旦那に、散々なくらいのことを言われたり、されたりしました。
せめて仕事だけはと頑張って、働いていても、仕事しかできない女、みたいに言われたり。旦那より収入があったことは、ずっと義母にも旦那にも「いい気になって」みたいに言われました。
そんなこと思ってないのにね。
旦那のいとこたちにも、義母はネタ的に私の失態や行動を言っていて。
私は、そんなことを言われてるとも知らずにいたんです。私の知らないところで、私のことをそんな風に言っているなんて。
後から知る機会があり、知ったときのショックはかなりでした。惨めでした。
悲しかったけど、母に「シノがこんなだから、イライラしたと思う。シノにも原因はあったんだよ。」と言われました。
先日、遊びに来たときも言っていました。

それは、わかってるんです。
自分でも、そう思っています。
ずっと小さい頃から、色々指摘されたり、悩んできたことです。

懸命にどうにかしようと頑張るんだけど。できないことはあって。
そうしながらも、つい誤魔化したりしてしまう自分がいることも、やらかしたことに気付けない自分であることも、わかってるんです。

恥ずかしくて、惨めで、消えてしまいたいくらいに。



ナツも一緒に暮らしてから、今まで気付かなかったことがわかるようになり、いろんなことを見てきたから。
そう思っているんだろうとは思います。
たくさん悩ませてしまったから。
倦怠期の頃は、更に辛かっただろうと思います。
不信感や嫌悪感を抱いたと思います。
前々回の記事にも書いたように。

それでも、私の母に「だとしても、相手はやりすぎだから。あんまりな話だ。」と話してくれました。



ナツと暮らすようになって。
そんな私とナツを見ているナツの家族は、どう思っているかと気にしたりもしました。
それで、思いきって「お父さんやお母さん、お姉さんに、そんな人はやめなさい。って言われないの?」と聞いてみました。

こんな私だし。悪く言われがち。
社会的状況において私の背景から、ナツに迷惑をかける可能性もあるからです。

ナツはこう答えました。
「言われたとしても、それは私が決めることで、言われることじゃないよ。
シノは自分がダメだとか、自分がいると迷惑かけるという思いが根本にある。
自信持って。
一緒にいない、という選択はそもそもないでしょ。離れることはないでしょ。
だから、これからどうしていくかだよ。
私はシノといることに、状況的にもリスクは確かにあるけれど。だからこそ慎重に色々なことを考えている。」
「私には、できないことを何にも隠さなくていいよ。シノのこと、わかったからもういい。大丈夫だから。
頑張ろうね。私は、シノがいるから頑張れるんだよ。」

そして、色々なことをアドバイスをしてくれます。


私は人に見下げられることが多かったし、ダメ出しされることばかりだったけど……人に恵まれてきたので、友人や先輩、後輩と、いつも助けられてきました。
容赦なく徹底的に攻撃的だった人も、旦那や義母を合わせて四人いました。
でも、誰かが助けてくれることが多かったのです。
だからこそ、できない、わからないことに甘んじて来たところもあると思います。

そして、どうせ私だし。私なんて。ダメダメだから。と誤魔化して。
自分が傷付きたくなくて。自分自身に向き合えなくて。
ずっとずっと逃げている。

恥ずかしさや、惨めな思いをしたくないばかりに。
うやむやにしてきた、たくさんのこと。
過去の出来事。
恥ずかしくて、人に言えないようなことが多いけど。
少しずつですが、彼に話しています。

そうして、自分自身を見つめ直しています。

年も年だし。このままにはしておけないことがあります。仕事でもプライベートでも。
いつまでも、甘んじていられないのです。



彼は、私の良いところも悪いところも、しっかり見ている。
全部受けとめてくれて。その上で、二人のこれからを考えてくれる。
私の、とんちんかんで変なところも。
のだめカンタービレの“のだめ”だと思えばね、って笑ってくれる。
私は、のだめみたいに才能溢れる素敵な女の子ではないけれど。
そう言ってくれる彼は、クールでありながら、とても優しくて温かくて。
千秋より素敵。笑笑

彼は年下だけど。
精神年齢は、私より彼がずっと上。
頑張って、無理しているところもあるとは思うけど。


「私は、シノを幸せにしたい。幸せにしたいと思う人がいる、それはすごく良いことだね。頑張れるし、自分自身も成長するよ。」とナツが言ってました。
私も、そう思います。

私は、ナツを幸せにしたい。

そのために、自分はどうしたらいいか。彼に何をしてあげられるか。
どう生きたらいいか。

彼のこと。私自身のこと。状況のこと。
ちゃんと考えていきたいと思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
comment (29) @ 私。

恋する気持ちのその先。(ちょっぴり追記しました。)

2013/10/06
付き合いはじめて。一緒に住んで。
私も彼も、色々バタバタしていたことがあって大変だったけど落ち着いて。劇的なことはなくなり……。
二人の関係が、少し変わりました。


付き合い初めのラブラブの時期。相手のすべてが好きで好きでたまらない、甘い甘い恋の季節。
それを『ロマンス期』と言うらしいです。
彼に「ロマンス期って知ってる?」と聞かれて知ったのですが。
でもそれは、とてもエネルギーを必要とし疲れるので長くは続かない。そうなっている。大体は1年、長くても3年以内に。


甘い恋の季節が過ぎると、盲目的な恋愛フィルターが外れて、今まで気付かなかった相手の嫌なところや、考え方感じ方の行き違いが目立つようになってくるといいます。

そうして、灰色の季節。
いわゆる『倦怠期』が訪れてしまう。
恋は冷めるもの、と言うのはこういうことでしょう。




私達にも例外なく灰色の季節が訪れていました。


彼も恋愛フィルターが外れて。
私の変わったところが気になるようになり、戸惑ったようです。
何故だかわからない。
どうしてなのかがわからない。
嫌悪感と不信感にも似た気持ち。ただ倦怠期なだけでなく、私の特性も影響して。
自分が騙されているのかもしれないとも思ってしまったようでした。


私も、彼の気持ちが灰色であることを感じ、彼の周りの空気に張りつめたような冷たい緊張を感じて、どうしていいかわからなくなりました。

こんな私と一緒にいるのが辛いのかもしれない。
私の存在が、彼を苦しめているのかもしれない。
私がいない方がいいのかもしれない。
そんな思いが頭の中をぐるぐる巡りました。



会話が続かず、愛の言葉やキスもなく、背中を向けて眠る日々が続きました。今までなかったことです。
たまに、ちょっとしたことでそうなることも、あるにはありましたが、それとはまったく異なりました。



私は。
彼に「辛いなら離れていいよ。」そう言わなければならないのかな?と思いました。彼を思っているなら、本当は、言わなければならなかったのでしょうね。
でも、どうしても言えなかった。
大好きだから。一緒にいたかったから。
出掛かった言葉を飲み込んでしまい、どうしても言えませんでした。



彼も。
悩んで困惑して。
私の行動や言動に傷付き、悩んで苦しかった。

それでも、シノを嫌いになりたくなかった。
最初に出会った時に感じたシノの印象、今まで一緒に過ごした時間を考えると。
不可解ながらも、シノがやっぱり好きで仕方なかった。
わけがわからないけれど。嫌いになりそうだったけど、どうしても好きだった。やっぱり好きだった。
だから、シノのことを理解したくて。
かなり観察分析して、色々調べた。
そして、結論に行き着いた。
なんだ、これか……と。
シノは、本当にただただ私のことが大好きで、私に嫌われたくなくて頑張ってたんだ、って。
そうなんだ、ってわかって。
ますますシノが愛しくなった。

……そう言ってくれました。




「シノは、こうなんだと思うよ。」って分析結果を話してくれました。
私本人でも気付いていないこともあって。まさに、その通りでした。笑笑
(いずれ記事にも書こうと思います。)


彼とたくさんたくさん互いの想いや考えを話し合いました。
互いの生きてきた道。過去の記憶。エピソード。
彼の抱えてきた心の闇、私の抱えてきた自己否定の感情。


今までも、少し話したことはあったけれど、こんなにじっくり、この話について話したのは初めてでした。


そうして、私達は。またひとつ、何かを乗り越えることができました。


ロマンス期が過ぎて、訪れる倦怠期。
その灰色の季節に、別れてしまう恋人達は多いといいます。

恋は冷めるもの。でも違います。
冷めるものではなく、落ち着くもの。冷静になるもの。
恋愛フィルターが外れて、本当の姿が見えてくる。
愛しいところも、嫌なところも見えてくる。
そして、互いの本当の気持ちがわかる。


彼は、私の全てを見ても、愛する気持ちは変わらない。
むしろ、愛しさが増したと言ってくれた。私を大切に想い、守ろうとしてくれる。
彼ほど、私を理解しようとしてくれて、理解し、受け入れて、愛してくれる人はいないのです。
そして、彼も私に全てをさらけ出してくれている。
私も変わらず彼を愛し続けている。


彼が言っていました。
「シノのような彼女を持つ人のブログか何かにこう書いてたよ。
『最初はわけがわからなくてどうしようかと思ったけれど。
それよりも、仕事や物事に対するひたむきさ、一生懸命さに。
こんな娘には二度と会えないと思っている。付き合って長いけれど、結婚を考えてる。』って。
私も、同じ気持ち。シノは純粋で一生懸命な人。私はそんなシノが好き。
いつまでも変わらないで欲しい。
シノが大好きだよ。ずっと一緒にいる。」


私も彼が大好きで、大切で、震えるくらいに愛しい。ずっと一緒にいます。




私と彼は、灰色の季節を通りすぎ、恋する気持ちのその先にある、本当のパートナーシップの扉を二人で開けることができたのだと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
comment (30) @ ふたり。