FC2ブログ

知ること。許すこと。そして愛すること。

2013/11/10
私の仲良しの子が、恋人との関係性でずっと悩んでいます。

純粋に真っ直ぐに恋人を好きでいたのに。
疑いなんて微塵もなかったのに。
でも実は、その子の知らないところで、別の真実があった。
償いたい、許してほしいと言われても、信じられない。

でも、それでも。
愛しくて大切な人。
狂おしいくらいに恋しい人。





誰かに傷つけられたとき。
裏切られたとき。
とても哀しくて情けなくなります。

自分を傷つけた相手が、愛する人だった場合。
その苦しさは身を切られるような傷みです。

どうして?なぜ?と思う。
自分は大切にされていなかったんだ。
自分は愛されてなかったんだ。
自分は価値がないんだ……。

自分は愛される価値なんかない人間なんだ。

そんな思いにまで気持ちが堕ちていく。

いちばん信じていた人が、信じられなくなるほど辛いことはない。




でも。
どうしても、嫌いになれない。
愛しくて、恋しくて、大切で。
信じられないのに、信じたくて。

どうして知ってしまったのか。何も知らなかったら良かったのに。
嘘はバレるから嘘になる。
バレなければ嘘ではない。少なくとも自分には。
知らなければ、ずーっと信じていられたのに。
騙されたままが良かった、とまで思ってしまう。それは、違うのに。


そんな酷いことをした人とは、もう別れたほうがいい、と大抵の人は言うと思う。



でも。
人は弱いものだから。過ちを犯すものだから。間違うものだから……。

大切なものは失ってから気付くもの。


過ちを犯したあとに、その人の真価が問われる。
過ちを犯してしまったあとどうするか。そのあとが大切だと思う。

そこに悪意があったり、相手を思う気持ちが無くなっていれば話は別だけれど。



自分が。
その恋人が愛しくて恋しいのなら。

恋人が。
償いたい、許してほしい、やり直したいと誠意を示すなら。

その子は。
恋人には、たくさんの嘘や偽りがあって、信じられなくなったことがたくさんあるけれど。
自分を愛してくれていた恋人の気持ちは本当だった、本物だった。
自分を愛している気持ちだけは、信じられる、と言っていた。


一度信じられなくなったら。
すぐに全てを信じることは難しいし、不可能だと思うけれど。
今まで愛し合っていた時間の倍を要するくらいの時間がかかると思うけれど。

自分の気持ちが納得できるまで。
待ってみていいかもしれない。


過ちを犯したら、間違ってしまったら。もうそれで終わりではない、と私は思う。


「私の大切なバラの花」の記事にも書いたけれど。

“花が、なぜ、さんざ苦労して、なんの役にも立たないトゲを作るのか、そのわけを知ろうというのが、大事なことじゃないっていうのかい?”


なぜ、恋人がそんなことをしたのか。
そんなことを言ったのか。
知ること、知ろうとすることが大事なことだと思う。

表面だけではわからないこと、見えないことがあるかもしれない。
知ることで、新しくわかることがあるかもしれない。

知ることで、許すこともできるかもしれない。


何より、自分の気持ちが。
納得できないなら、納得できるまで。

すぐに許すとか、信じるとか、そんなことではなくて。
その背景を知ろうとしてみる。

無防備ではなく、心の距離をとり、自分の心を守りながら。待ってみる。

そして、自分の心も見つめ直してみる。


あなたは。
大切にされてないわけじゃない。
愛される価値がないのじゃない。


そこに何かがあったのだと思うから。
人の弱さがあったのだと思うから。


その子とずっとずっとたくさん話をしてきて、心配して、考えて。
そう思いました。




人は過ちを犯すもの。間違うもの。
でも、償うこともできるもの。
そして、許すこともできるものだ。

それが愛することなのだと思う。



人は弱い。そして強いものだから。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
comment (18) @ 思うこと。

私のスタイリスト 2

2013/11/08
あまり服を持ってない私。

そして、オシャレなセンスもあるのかないのか怪しい(たぶんない)私。




5月の記事にも書いたように。
ナツは「私のスタイリスト」なんですけど。


またまたナツが服をプレゼントしてくれました!
ヽ(*´∀`)ノキャッホーイ!!



「私の独断と偏見で選びました。」って。ネットで買ってくれました。
とても素敵なの!すごい素敵なの!!
嬉しいですー!!!!!!!
ゆるっとしたニットとたぷっとしたカットソーと。
自然な感じで、大人っぽくて、いい感じ。可愛い!
あと靴も!
着て見せたら、ナツが「うん。いいねー。」って微笑んでくれて。
彼のその顔見たら、すごく嬉しくなった。
早速、仕事に行くとき着ていきました。
靴も履いてったし(*´艸`*)!



ちょっと前に、
「いくら制服があるからって言っても。いっつも同じ服を着てたらダメだよ。見てる人は見てるんだからね。」と言われていたんです。(・∀・)エヘヘ
そうだよねー…と思いながら、なかなか買えないでいたんだけど。



服をプレゼントしてもらって
「ありがとう!ナツに言われて気を付けたんだけど……服をそんなに持ってなくて。可愛いのもなかったから。すごく嬉しい!」って言ったら。

「うん。知ってる。」って、ニッコリ。
すごい優しいニッコリだった。

キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━!!!!!!!!!!!!

もう、胸がキューンってなりました。
だから、プレゼントしてくれたんですよね……。



私、身だしなみに無頓着なんです。
髪とか、職場に行けばまとめちゃうから、念入りにブローとかしないし。
化粧もちょっとファンデを塗るくらいだし。彼と出掛けるときには、張り切ってしますけど。
可愛い服とかも持ってないし。←センスもないから。
私って地味なんです。←地味を通り越してダサいかも( ̄▽ ̄;)




諦めて「ま、いっか。」みたいにしちゃってる私がいて。←いけません!


ナツは気になってたと思います。←そりゃあ、気にするわ!


仕事に「いってきます!」って出掛けるときに、ナツは「ちょっと待って。」って。サササッて髪を直してくれたりしてたので。←シノさん、なんてこと。笑




それに、ナツには仲良しのお姉さん(私より年下だけど)がいるんですけど。
すごい可愛いんです。メチャメチャモテる!
性格もいいんですよー。私のことも否定しないで応援してくれるんです。
小さい頃はモデルもしてたし。
服もオシャレで。←私、前にサイズが合わなくて着れなくなった服をもらいました。笑
お姉さんにベタ惚れな彼氏さんがいるんですけど。
彼氏に会うときは同じ服は着ない!くらいの意気込みで。
お化粧もちゃんとしてる。←※化粧するのは普通です。身だしなみです。


そういった素敵な女の子が身近にいて、それが当たり前だったから、余計気になっていたと思います。


もちろんナツ自身も、ちゃんとしているし。
「シノの彼氏としてちゃんとしていたいから。シノのかっこいい彼氏でいたいよ。」って言ってます。



それに比べて私は!なんですけど。(・∀・)アハハ

それでも、いつも。
ナツは「シノ可愛いよ。シノは美人なんだから。スタイルもいいんだから。」って言ってくれてて。←あくまで、彼の目線です!


すごく優しい彼氏………。


こんな私ではありますけど。
素敵な服を着ると、すごく嬉しいんですよ。
本当は、服も欲しいなー…って思ってるんです。
オシャレだったら良かったのになーっとも思う。
あと色々事情があって、買うお金も無いし。笑


ナツは、そういった私のことも、ちゃんとわかってくれてて。


考えてみれば、去年の誕生日には、コートもプレゼントしてくれたし。
クリスマスにも。欲しいなーって思いながらも、ボロボロの財布を使ってる私に、財布をプレゼントしてくれたし。
コートも財布もすごい素敵な!


買い物に行くと、「これ可愛いね。似合いそうだよ。」とか言ってくれてたんです。
買えないから「うん。」とか言いながら、それで終わってたんだけど。
さりげなく気にかけてくれてたんだと思います。


本当に、色々私のこと考えてくれて。心配してくれて。


本当に本当に。
ナツ、ありがとう。



彼のために。努力はしなくちゃね!

いつまでも、綺麗で可愛い彼女でいたい!って思うから。
いつまでも、彼をドキドキさせたい!って思うから。



違う意味で、いつもドキドキさせてはいますけどね。笑


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
comment (6) @ 彼との日々。

私の大切なバラの花。

2013/11/02
サン=テグジュペリの『星の王子さま』より。 



人間は、花の言うことは適当に聞いていればいいんだから。花はながめるものだよ。においをかぐものだよ。


花が、なぜ、さんざ苦労して、なんの役にも立たないトゲを作るのか、そのわけを知ろうというのが、大事なことじゃないっていうのかい?


花は弱いんだ。無邪気なんだ。できるだけ心配のないようにしてるんだ。トゲを自分のおそろしい武器だと思ってるんだ。


花って、ほんとに 矛盾してるんだね。


心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない。











………『星の王子さま』って。
本当に素敵な大人の童話だな、って思います。
“愛すること”がどういうことか、教えてくれる本です。
人の心の弱さと強さも教えてくれます。



最近、思うことがあり。
また読み返して考えたりしていました。


私の彼。ナツキはどこか冷めていて、クールなところがあります。
とても優しくて甘えてきたりもしますが。
基本姿勢は「私なんかと無理して一緒にいなくていいよ。」で、不機嫌だと私に冷たいし、きついことも言います。


灰色の季節の頃は。
本当に私を嫌いになったのかもしれない。私の存在が疎ましくて仕方ないのかもしれない、と本気で思ってしまいました。

幾度となく、ブログ記事にも。
彼の愛を信じていると、書いてきましたが。
それでも、どうしても沸き上がってきて拭い切れない不安は日々あります。


「本当に私でいいの?」
「ずっとずーっと一緒にいたい。嫌われたくない。」
「私は迷惑ばかりかけて、彼を苛立たせているんじゃないか。」
いつもそう思っていて。

懲りずに、ことあるごとに。
「私に我慢してるんじゃない?」
「イライラしてるんじゃない?」
「迷惑なんじゃない?」と聞いてしまいます。
聞いたから何になるというのか。「そんなことないよ。」と言われたいだけ。言われても納得しきれない、ただのウザい女状態です。

彼にも「迷惑なんじゃないの?と聞かれた相手が、うん迷惑だ、と答えると思う?そう言った問いかけは愚問だ。それに、そんな風に思ったら、私は言うし。」と言われました。



そして、こう言います。

「シノは、ずっとそうだ。私はいつも片想いだ。」



確かにそうです。
それらは、彼がどうこうではなくて。
彼の心を無視した、私の心から産み出された不安の感情です。
「彼が」ではなく。
「私が」作り出したもの。

私の独りよがりな思い。



彼はクールで、冷たいときもあるし、トゲトゲしてるときもある。キツいことを言うときもあります。
私はすぐに不安になる。



でも……。








“花が、なぜ、さんざ苦労して、なんの役にも立たないトゲを作るのか、そのわけを知ろうというのが、大事なことじゃないっていうのかい?”








不安に思うことよりも、彼が何故トゲを作るのかを、考え知ろうとすることが大事なことでした。




彼は、私の大切なバラの花なんです。

そして、臆病なライオンだから。

寂しいがゆえに孤独を選ぶ狼だから。


彼の強さは強がりで、虚勢で。





「本当に私でいいのか。ずっと一緒にいたい。嫌われたくない。」

そう考えているのは、彼の方なのだと。
怖がっているのは、彼の方なのだと。



彼にも弱い心がある。
その弱い心が、トゲを作り出している。
彼がトゲを作るのは、傷付くのが怖いから………。
怖いからトゲを出す。
怖いから吠えもする。

私がいなくなるのが怖いから。



彼の発する言葉は、彼の心をそのまま映し出した鏡ではない。








“花って、ほんとに矛盾しているんだね。”









彼は男だから。
強くいなければならないから。
私みたいにウザく言ったりできるわけもないのですから。



彼はずーっと私に片想いをしている。








“心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない。”








私は。

彼が私にしてきてくれたことを。
私を抱きしめてくれる温かい腕と胸を。
愛していると囁く声を。
私を見つめる優しい瞳を。
私が心で感じている彼を。
私が心で見ている彼を。

そのまま信じていればいいだけ。





わがままで強がりなバラの花。

勇気を求めるライオン。

凍える冬の狼。





私が彼を愛することは。
彼に迷惑をかけないようにすること、じゃない。
彼に嫌われないようにすること、じゃない。


彼が必死に作り出しているトゲは、不必要で、私には何の意味もなさないと、安心させること。
ありのままの彼を愛すること。
私の前では、ありのままの彼で良いことを伝えつづけること。
彼の弱さを、冷たい心を、暖かく包み込むこと。
私が彼から離れないことを教えること。




私が私の心で見た彼を、愛していればいいだけなのです。







ここ数ヵ月。
本当に色々なことがありました。
私も彼も。
色々な、黒く濁った思いに苦しみました。


本当に、倦怠期だったんです。
ブログもやめようかと思いました。笑
(やめないですけど。)

疑心暗鬼の心って、本当にやっかいですね。

そして、話し合うことは本当に大切ですね。



これからも、四季のように、色んな季節が二人には巡ってくるでしょう。
灰色の冬の季節も再び訪れるでしょう。

それでも、彼となら。
乗り越えていけると思います。




恋愛って。
本当に綺麗なだけじゃない。
楽しくて、幸せなだけじゃない。


私は私らしく。
彼をまっすぐに愛していこうと思います。






私は、彼が大好きです。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村

☆☆☆
comment (40) @ 思うこと。