FC2ブログ

最後の宝物。

2015/01/22

「大事なもの」「大切なもの」って。
考えてみると、思ったよりたくさんあったりしますね。
「お気に入りのもの」とか「手放したくないもの」とか。

何にもないようで、実は意外にたくさんあるもので。



頑張って買ったバッグ。

お気に入りの靴。

自分に似合うスキニージーンズ。

体のラインが綺麗なカットソー。

彼が選んだ白いワンピース。

いい女風のコート。

スタイリッシュな食器。

お揃いのマグカップ。

イニシャル入りお揃いのタンブラー。

高性能の電化製品。

夢中になって読んだ本。

持ってきた数枚の写真。

肌触りが最高の毛布。

彼からのプレゼントのネックレス。

毎日使うスマホ。

二人で本気出しちゃうゲーム。

初めて彼と買った車。

仕事。

友人。

家族。etc.


そして、ナツキ。





「欲しいもの。」もあったりする。少ないけどね。笑

彼と私の小さな家。

小さな庭と畑。

ドラム式の洗濯機。

歩きやすいスニーカー。

冠婚葬祭用の洋服とか。


うん。いちばん家欲しいなー。笑
彼は平屋がいいって言ってた。私もそう思う。



それから………無くしてしまった大切なもの。取り戻したいな、と思ったり。








生活に必要なものってのも、もちろんあって。それは大事なんだけど。




今、大切なものは、来年も大切なものかな。

今、大事にしてるものは、来年も大事にしてるかな。

今、欲しいものは、来年でも欲しいものかな。


5年後は?


10年後は?


50年後は?


未来を考えていくと、どんどんどんどんその数は少なくなっていって。

最終的に人生のゴールまで考えると。




最後まで変わらない宝物は、結局彼なんだな………ってこと。



現在から未来。最後まで。

変わらずに残る大切な私の宝物は、彼なんだなー……って。

なんだか、泣きたい気持ちになっちゃったりするのです。

好きで好きで仕方ないと、なぜか泣きたくなりますね。笑








未来の宝物。




最後まで残る宝物。





世の中って。現実って。
なかなか厳しいから。

大切に大切に。

守っていきたいです。


(私が守られているのですけどね。笑)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
☆sinoiro.blog☆

☆☆☆
スポンサーサイト



comment (16) @ 思うこと。

彼の好みの女性SINOIROまとめ。

2015/01/16
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
comment (-) @ 彼。

ビアンカかフローラか。

2015/01/15
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
comment (-) @ ひとりごと。

家族の呪縛④「ゲシュタルトの祈り」

2015/01/10
①から③までは一定時間がたったら限定記事にする予定です。

アダルトチルドレンであることで、彼が苦しんでいることやわかっているのに抜け出せない思いがあります。
私には理解できないこともあります。
でも、アダルトチルドレンについて調べていくうちに色々なことがわかりました。
彼の思いや思考に少しは近付けたような気がします。





こんな、素敵な詩があります。

ドイツの心理学者フレデリック・S・パールズがローラ夫人と共に創設した「ゲシュタルト療法」で使われる「祈り」だそうです。
とても、素敵な詩なんです。
有名なので、たくさんの方がブログに引用されています。
だから、目にしたり、すでにご存知の方も多いとは思います。
http://www.ieji.org/archive/das-gestalt.html


GESTALT GEBET
ゲシュタルトの祈り


Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen -
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du -
私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。



           Frederick Perls
          フレデリック・パールズ。







“私は私。あなたはあなた。”

そうなのですよね。
それぞれが自分自身のために生きていくことが大前提。
その上でなければ、他の人のためになんて生きれない。
そこに、歪みができてしまう。
誰かの為に生きる必要も無く、ましてや犠牲になる必要なんてない。
彼も、家族のために犠牲になることはない。
彼自身のために生きれるように、強くなってほしい。

“偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。”
“たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。”

だからこそ出会いとは、奇跡的なこと。出会えないことはごく当たり前のこと。
彼に出会えた奇跡を大切にしたいです。


************************



これからも、彼と一緒に、互いを思い合いながら、話し合って、考えて、色んなことを乗り越えて、二人で前に進んでいきたいです。


彼が、自分を辛い立場に追い詰めないように。
罪悪感に苦しまないように。
苦しくないように。
頑張りすぎないように。
安心できるように。
楽しめるように。
清々しい気持ちで、心から幸せを望めるように。
そして、幸せになる価値がある自分だと受け入れられるように。

彼は私を助けてくれた。
私も彼を支えたい。

誰より愛しくて大切な彼だから。
自分を大切にできるようになってほしい。
彼に、心からの幸せを感じてほしい。



彼のことを考えながら、私は自分自身のことも考えています。

私自身も彼に偉そうなことは言えない。
私自身も自分を大切にできるようにならなければならない。
色々なことを乗り越えていかなければならない。

遠く近い将来、私は償いをしなければならないときが必ず来る。
そのときに、ちゃんと向き合えるように………。




大切な人を幸せにしたい。

大切な人を幸せにできる自分でありたい。



そのために、彼を、自分自身を、
よく知るように、考えていきたいと思います。





彼の人生を生きてきたわけではないから。本当に理解することはできないかもしれないけれど。





どうか、彼の心に少しでも近づけますように。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
☆sinoiro.blog☆

☆☆☆






comment (0) @ 思うこと。

家族という呪縛。③

2015/01/06
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
comment (-) @ 彼。