FC2ブログ

糸。

2016/02/06
以前に、ブログを読んでくださっていた方が紹介して下さった歌。


中島みゆきさんの「糸」。


すごく素敵な歌詞なのでブログに残して置きます。
幸せではなく仕合せ。仕合せという言葉をちゃんと知ることができました。



「仕合せ」とは、巡り合わせや運命のこと。良い巡り合わせも悪い巡り合わせも「仕合せ」である。
良い仕合せ、悪い仕合せと言うこともできて、幸せとは意味合いが少し違うようです。

良いことも悪いことも、全てが何らかの意味を持っているのだと思います。
きっと何かに繋がっている。
今だけを見ていたらわからない。

良い巡り合わせは「いつか誰かを暖めるかもしれない。」悪い巡り合わせだったとしても「いつか誰かの傷をかばうかもしれない。」

良いことも悪いことも、人生にとって必要な巡り合わせ。そのことに出逢えることが仕合せ。
きっとその仕合せの先に、本当の幸せがあるのでしょうね。


私は、城南海さんのカバーが好きです。







作曲:中島みゆき 
作詞:中島みゆき



なぜ めぐり逢うのかを

私たちは なにも知らない

いつ めぐり逢うのかを

私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きてきたの

遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私

織りなす布は いつか誰かを

暖めうるかもしれない



なぜ 生きてゆくのかを

迷った日の跡の ささくれ

夢追いかけ走って

ころんだ日の跡の ささくれ

こんな糸が なんになるの

心許なくて ふるえてた風の中

縦の糸はあなた 横の糸は私

織りなす布は いつか誰かの

傷をかばうかもしれない



縦の糸はあなた 横の糸は私

逢うべき糸に 出逢えることを

人は 仕合わせと呼びます



☆☆☆
スポンサーサイト



comment (8) @ ひとりごと。