FC2ブログ

相反する気持ちは、互いを思ってるからこそ。

2013/07/25
スマホの電池パックが届いて、環境が整ったので、やっと落ち着いてスマホが操作できます。笑

だって100%で彼とLINEを始めても20分くらいで電源が落ちてしまっていたのですから。
あ、一緒に暮らしてるんですけど、仕事の昼休みには必ず彼とLINEをするんです。笑
彼とはいくら話しても足りなくて足りなくて。


今日は職場の昼休みで、みんなが旦那さんの話で盛り上がっていました。

旦那にご飯を作るのが面倒だとか、共稼ぎなんだから旦那にも家事をもっとして欲しいとか、そういう話。

私も「私は家事は苦手だから、家事してくれる奥さんみたいな人が欲しい~」と言ったら。

すかさず、私がナツと付き合っていると感付いてる後輩が。

「シノさんは、もう奥さんみたいな人いるからいいでしょ!」と(゜o゜)\(-_-)。

幸い、コショコショ私に言ったから、わいわい話が盛り上ってる他の子達には聞こえなかったみたいだけど。笑

周りに聞かれたら、まずいでしょー!!!←本心は聞かれてもいいけど。聞かれたいけど。←でも、ダメ。笑←アンビバレンス!

******************

昨日は、ナツが実家に寄って帰ってきたのだけど。

帰ってくるなり。

「お母さんさ、出窓のところに、女装した私の写真飾ってた。
なんでかな。わかってるはずなのに。
何にも私は言わないで黙っていたけど。私は見るのも嫌だ。」

そう言って彼は、うつ伏せに寝転んで。クッションに顔を押し付けて泣いた。

私は黙って抱きしめるしかできなかった。

その涙にどんな気持ちがあるのか、どれだけの想いがあるかは、私には図れないから。

お母さんは、美しい娘が誇らしいと感じていたところがあったから。
自慢の写真であったと思う。

そして彼のお父さんは、彼に「自分の育て方が、男みたいに育ててしまったからかもしれない。」と言うそうだ。

「違う。そうじゃない。そんなんじゃなくて。お父さん、お母さんが原因じゃない。自分は最初からそうだった。」彼はそう否定する。


お父さん、お母さんは、自分達のせいかもしれない、と言う。
彼はそうじゃない、と言う。

相反する考え、気持ちだけど。

「それでいいのよ。」と私は彼に言った。

親は、自分達のせいかもしれない、と言うの。子供は、そうじゃないよ、と言うの。
それは、互いを思う愛情があるからだよ。
それでこそ、だと思う。そうであって欲しい。


あなたのせいだ。いや、お前のせいだ。
私のせいだ。そう、あなたのせいだ。

あなたが悪い。いや、お前が悪い。
私が悪い。そう、あなたが悪い。

………これはおかしいから。


彼と両親の関係に限らず、私と彼だってそうなんだもの。

彼は「何も好き好んでこんな私といることないよ。」と言う。
私は「ナツと一緒にいるよ。」と言う。

私は、私がナツの平穏な生活を、必死に築いてきたものを、ぶち壊した、と思う。そう彼に言う。私に出会ってしまったから。封印を解いたのは私だから。知らなければ、そのまま平穏だったのだから、気付かなければ良かったのに、と。
彼は、ぶち壊してもシノといたかった、シノに出会えて幸せだと、シノは私へのご褒美なんだ、と言う。知って良かった、気付いて良かった、と。


相反する気持ちは、互いを思ってるから。

相手の幸せを願ってる。相手への愛情がある。



私が悪かったよ。

いや、違うよ。悪くないよ。私だよ。

ううん。私のせいだよ。

違うって。悪くないってば。

…………そんなやりとり。



当たり前のことだけど、それでいいの。
関連記事
スポンサーサイト



comment (14) @ 彼。
ナツキというカテゴリー。 | 虚勢のたてがみ。

comment

Sさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
>本当にそうですね。

相手の気持ちになって考えようとしても限界があります。
本当のところは、その人になってみないとわからない。その立場になってみないとわからない。

そうですよね。受け入れるよりも、否定する方が容易ですね。
そして、他人を否定することで自分を肯定してしまうことは、誰しもあるでしょうね……。
難しいけれど、人に迷惑や被害を及ぼすような実害のあることは別として。
理解を示そうと試みたり、受け入れることができるように努めていきたいです。
難しいですけどね。
私も心が狭くて……。
なかなか寛容になれなかったり。そういうことは多々あります。
ンー...(-ω-`;)ゞハズカシナガラ

彼女さん、喜んでくれて良かったですね♪♪♪
パシャパシャですか!笑
なんだか、彼女さん無邪気で可愛らしいです!(*´艸`*)•*¨*•.¸¸♪✧

誰しも幸せになる権利はあります!
大丈夫ですよ。
理解されない人には話さない。
言わなくていいことは言わない。
理解をしてくれる人には話す。
私達もそうです。
彼は女性の社会を生き、私は何にでもなります。そうやって、埋没して。
静かに二人で生きていくのも、私達はいいと思っています。
彼を守るため。二人の関係を守るためです。
お二人の関係を大切に。秘密でもいいのです。二人の関係が守れるなら。
彼女さんといつまでも一緒に生きていけますように、応援してます!
頑張りましょうね。私も頑張って生きます!

いつまでも、いつまでも。
お二人が睦まじくいられますように♡*。+

2013/07/29 Mon 21:09:59 URL
Gさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
>|ω・`)コッショリ オイデーヽ(*´Ω`*)ノ

Gさん(*^^*)こんばんは。
コメントありがとうございます!

「私に出会っていなくとも、いつか彼は向き合わなければならないときがくる。
その時に私がいなかったら、彼は壊れていたかもしれない。
私と出会い、そして向き合うようになったから、彼は大丈夫なのだと。」
私はGさんの言葉で、そう思えました。
そう思います。
かなりの自惚れやさんな気がしてドキドキしますが。笑
人の心は本当に色とりどりに色変わり、複雑ですね……。
ナツは、人前で泣かない人ですが、私の前では泣いてます。ブログだから書けることで、リアルでは、ナツが泣いたなんて絶対言いませんが……。
「泣くことができる場所」
そうですね……。私にとってもナツは泣くことができる場所です。
その事実が大切。本当にそう思います。

私もナツもGさんの言葉に心を救われ、励まされました。ありがとうございました



2013/07/29 Mon 20:53:16 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/28 Sun 21:04:59
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/28 Sun 21:02:40
leさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
私のブログで良かったら。
思いを話に来てくださいね。
書くこと、私と話をすることで、気持ちがまとまったり、見えなかったものが見えたり、気付かなかったことに気付いたりするかもしれません。
ただ、話すだけでも違うので。
私のブログへのコメントは、基本的に記事に対するコメントでなければ、と限定はしていません。
コメント欄は記事に対するコメントと言われているようですが、私のブログでは違います。
記事に対するコメントももちろんありますが、ただ私と話をしに来てくださる方もいます。
私はそれがとても嬉しいのです。
良かったら、また話をしにいらしてくださいね。
2013/07/28 Sun 20:42:08 URL
Sさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
>ブログなかなか更新されないなぁなん思っていましたが・・・。

そうなんです。スマホのバッテリーがダメになってしまって。交換して復活して良かったです。
で、今週末は、ナツと一緒に私の実家に遊びに来ていたので、またまた記事の更新や返事が遅れていました。(ノ∀`●)

両親の気持ちも、計り知れないところはありますね……。実際にその立場になってみないとわからないことがあります。
前に記事にも書きましたが。
「責めることができるのは、一度でも同じ立場に立ったことがある者だけ。」
ユダヤの教えのという言葉があります。
親には一番に認めて欲しいとは思うけれど……その立場になってみないと、わからないですね……。
私も離婚する前は。
離婚するなんて、と。子供を手離すなんて、と。子供を手離したら生きていけない……そう思っていました。
子供を置いて家を出るなんて、とんでもないと思っていました。
でも……その立場に自分はなっていました。子供の為には何でもできると、何でも我慢できると思っていました。
でも、耐えられなかった。
子供の為に死ぬことはできたと思います。でも…子供の為に、あの家で生き続けることが私にはできませんでした。
気がふれてしまいそうなギリギリで……結局、私は離婚して一人で家を出ることになったのです。
私が、かつてそうであったように、今の私の立場を否定的に、拒絶的に思う人はいるでしょう。なんて酷い母親なのか、子供のためには何があっても耐えられるはずだ、それが母親だ、と言うでしょう。
でも、私は耐えられなかった。なので、そう言われても、否定はできないのです。
その立場になってみないとわからないことがありますね。
だからこそ、どのような立場にある方も、それを否定する立場の方も、それは仕方のないことだと思います……。

お父さんの反応は、緩やかで穏やかなものでしたね。ファーストインパクトでの反応なのに!お母さんもお父さんも、理解は難しくても、本当にSさんを大切に思っていますね。嬉しくなりました。

偶然の連続。それはもう必然であると思います。
色々なことが積み重なって今がある。どれかひとつが欠けても出会わなかったかもしれない。
そう考えると、人生は理不尽でありながら、とても素晴らしいものですね。

出血大サービスの日。どうでしたか?
(〃´ω`)ノ”ii
おめでとうございます!
大切な日を一緒に過ごせること。本当に素敵なことですね•*¨*•.¸¸♪✧
2013/07/28 Sun 18:08:00 URL
leさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
>シノさん、昨夜は辛辣な

こんにちは(^-^)、leさん。
私は辛辣なメールだとは思いませんでしたし、暗い気持ちにはなりませんでした。八つ当たりなんて微塵もありませんでしたよ。押し付けなんてとんでもない。
leさんの優しさと、切ない気持ちが感じられました。

自己肯定感を持つことは本当に難しいです。私でさえもそうだったりします。
親として、人並みの幸せを願うのは、親として当然と言えば当然であるかもしれず、ナツも、重々分かっているでしょうね。
私には彼の心の全てを知ることはできず、図ることはできませんが……。
彼の心に寄り添っていたいと思います。
自己肯定感を得られる関係性がある二人であるように……。

ナツは、こんな私いつでも離れて良いと言います。言いますが。
そうですよね。
「良い訳ない」と。本心ではないと。
私に傍にいて欲しい、離れて欲しくない、と。私にはそう聞こえています。
私がそう思いたいのもありますけれど。笑
そう、彼の心の鍵を持つのは、私だけです。私だけだと思っていいんですよね…。

leさんは、何も乗り越えてはいませんか?
そんなことはありません。
振り返れば、乗り越えたものがたくさんある。
乗り越えても、乗り越えても、乗り越えなければならないものがあるから。
そう思えてしまうだけですよね。
そうではないでしょうか。
つまずく石はいくつもいくつもあって、ずっと乗り越えつづけていかなければならなくて、終わりがなくて。
きっと最後までそうであるでしょうね……。
でも。乗り越えてきたものは。
ちゃんと残っています。
うまく言えないけれど、leさんの文面には大きな優しさと寛容さが溢れています。
最後の時に、何が残るのか、何があるのかわからないけれど。
今を生きていきたいと思います。
今を大切に生きれば、大切にしたい未来も守れますよね。
そう信じています。

2013/07/28 Sun 11:09:43 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/27 Sat 17:35:04
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/27 Sat 05:02:14
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/26 Fri 22:43:53
leさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
>互いを思いやる愛情

初めまして。コメントありがとうございます(*^^*)

そうですね。leさんの言う通りです。ナツもそうだと思います。
ただ両親の思いとしては、そう思ってしまうことは多々あると思うので、それに関しては……思ってくれているのだから「それでいいの」と考えます。
でもだんだんにleさんの言う通り、
最初から、そうだった。
生まれたままの自分を受け入れてもらえるように……そうなれたら。本当にいいですね。

彼の平穏を壊したのは私。
そう記事に書きながら、leさんのように言って欲しい。そう思っているのです。
だから、すごく嬉しい。嬉しいのです。
私はいつも、アンビバレンスな気持ちに悩まされているのです。
彼の平穏を壊したかもしれない。
いや、本当の自分でいられるのだから、私と出会って幸せなのだ。そうであって欲しい。でも……。
彼が、彼女な彼であることの葛藤は乗り越えて、彼の愛を疑うことはなくても。
彼の幸せを考えた時に。悩んでしまったりします。

>封印は、なにもこじ開けた訳ではないでしょう。
>そこには、彼の強い気持ちがある。
>お互いの気持ちで、ふみだした関係。
>それを大切にするのが、
>彼を受け入れて生きていくことなのでは...

非公開ですが、引用させて頂きました。
ありがとうございます。
嬉しいです。
そうですよね。私は………
このままの二人の関係を大切にしていきたい。本当にそう思います。
leさんの言葉のすべてに優しさを感じます。leさん自身も、色々な悩みや葛藤をえて乗り越えてきたからこそですよね。

私のブログを何度も読みかえして頂いてありがとうございます。
私もいつも、いろいろ考えています。
自分で自分のブログを読み返したりもしています。
私とleさんの気持ちとは、違うかもしれませんか?
私達はまだまだ旅の途中です。
心の旅の途中なのです。
これからも、もしよければ、コメントで教えて頂けたら嬉しいです!
ありがとうございました。
2013/07/26 Fri 16:44:56 URL
Yさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
>親との関係は難しいですよね。

そうですよね。
親と子って……。一番認めて欲しい相手ですものね……。
私でさえも、両親との相反する気持ちはあります。私は離婚もしていますからね。私の両親も、自分たちは何にも私にしてあげられなかったとか、育てかたが、とか言います。
私を思ってくれてるからだと、受け止めていますが……。両親を悲しませてしまったと申し訳ない気持ちがあります。
わかりあえないこともありますね。
離婚した時は「シノはいい娘だ、いい娘だと言っていたら離婚なんかになった。誉めるものじゃないな。」と言われました。なんだか忘れられないけれど、自分たちの育てかたを後悔していました。
私を心配し、思っているからこそでしょうね。

私たちは。
彼の全てを理解して、共感することはしてあげれてないかもしれないけど。
彼のそばにいて、誰よりも一番の理解者になって、誰よりも彼を想って、心の支えになりたい。私も本当にそう思います。
ね、Yさん。
もー好きすぎて好きすぎて、困っちゃいますねฅ(๑>ω<๑)ฅ
2013/07/26 Fri 16:12:12 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/26 Fri 14:13:56
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/26 Fri 11:31:51

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する