FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

いのちの歌。

2015/10/01
先日、弟夫婦に誘われて、姪っ子の合唱コンクールに行ってきました。

子供たちの合唱って、本当にいいですね…。すごく感動してしまいました。

そのなかで、うるっと思わず涙腺が緩んでしまった歌がありました。子供たちの歌声も素晴らしかったのに加えて、いい歌詞なんです。

感動したので、記事に載せておきます(*´ω`*)







いのちの歌


作曲︰村松崇継
作詞︰Miyabi(竹内まりや)



生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに

胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ

この星の片隅で めぐり会えた奇跡は

どんな宝石よりも たいせつな宝物

泣きたい日もある 絶望に嘆く日も

そんな時そばにいて 寄り添うあなたの影

二人で歌えば 懐かしくよみがえる

ふるさとの夕焼けの 優しいあのぬくもり


本当にだいじなものは 隠れて見えない

ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

いつかは誰でも この星にさよならを
する時が来るけれど

命は継がれてゆく

生まれてきたこと 育ててもらえたこと

出会ったこと 笑ったこと

そのすべてにありがとう

この命にありがとう


☆☆☆☆☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト
comment (0) @ ひとりごと。
彼のひとこと。 | 20年以上先の未来のことだけど。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。