FC2ブログ

彼の過去は気になりますか?

2013/02/11
以前にも

“「彼女な彼」の元彼”の記事にも書いたのですが………

人にはそれぞれ過去はあります。

生きてきた歴史があるのですから。


私にも、元彼はいる。
結婚し出産したという過去がある。




私はあまり喋らないけれど、

私の「彼女な彼」は、自分の過去を喋る人。

何でも話してくれる。

私が聞かなくても自ら。





小さい頃のこと。

学生時代のこと。

部活に勉強に。

好きだった女の子。

憧れの女子の先輩との交換日記。

クラスの男子や男の先輩に告白されたこと。

はじめての彼氏。

はじめてのキス。

男の先輩にいきなりキスされたこと。

女の子のファンがたくさんいたこと。

はじめてのセックス。

二人目の彼氏。

彼氏の友人に迫られたこと。

彼氏とのセックスのこと。

彼氏とのキスのこと。

年下の女性に迫られたらしきこと。

自分を好きだと言って泣いた同僚のこと。




過去を私に話します。



その話を聞いて私は、輝かしい経歴に尊敬と劣等感を抱いたり

彼が好きになり憧れた女の子たちに嫉妬し

彼を好きになった男の子たちを疎ましく思い

彼の元彼たちをライバル視したり

彼のキスやセックスの話に、隠れて涙した。



今日も彼は過去のセックスの話をしていて
私はちょっと気分が落ち込んでしまっていたんだけれど………


彼が言ったの


「経験したことは良かった」って。


男との付き合いを知っているから。

今までの彼氏との付き合いがあるからこそ。

シノの素晴らしさがわかる。



好きだった女の子たちがいたから

誰よりもシノを愛していると言える。

誰よりもシノが好きになったと言える。

シノしか知らないからじゃない。

色んな経験の上で、シノを選んだのだ。



比較対象があるからこそ、わかることがある。




そう言った。



私は思わず泣いてしまった。




……………そうか。

だから平気で、彼は過去を私に話すんだ。

過去があったからこそ今の彼がいる。だから、彼の過去も現在も未来も抱きしめていたいと思っていた。

彼の過去には、ちょっと切なくなるけど
抱きしめていたいと思っていた。


過去があったからこそ今の彼がいるのだから。




でも、それだけじゃなかった。




過去があったからこそ

私への愛が確実になったんだ。

本物の愛なんだと確信できるんだ。


それは、私も一緒だ。

私だって過去があったからこそ

彼を一番好きだと、誰よりも愛していると宣言できるのだろう。




私が泣いたら、彼はちょっとびっくりしたようだったから




正直に話した。




自分なんか、と思ってるから

過去があるから今の貴方がいる、と思うけど

女の子や元彼に嫉妬したり、不安になったりしてた。
でも、過去があるから、経験があるから

私を愛しているんだね。
私しかいないと思うんだよね?




彼は笑って抱きしめてくれた。


バカだなーーって。

バカシノ!バカシノ!
そうだよーーー!愛してるよ!



ギュッと抱きしめて、キスして、タオルで私の涙をゴシゴシ。




私は彼が本当に愛しい。


愛しくてたまらない。



彼に愛されて、私はなんて幸せなんだろう。
関連記事
スポンサーサイト



comment (6) @ 彼の過去。
結局、女じゃん!って思う? | ヴァレンティーノ

comment

TDさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
彼のこと。
尊敬できる方、と言ってくれてありがとうございます!
私も尊敬しています!大好きです!
2013/02/12 Tue 07:50:33 URL
mmさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
彼が自分のすべてを知って、その上で愛してる欲しいという気持ち。
過去があるから私を愛するのだということ。
彼の気持ちをわかってなかった私が恥ずかしいです。
私は本当に本当に彼が大好きです。

mkとkaはハッピーエンドなんでしょうか?

2013/02/12 Tue 07:47:08 URL
KYKさんへ☆ : シノ @/CDoDgi6
過去は今に勝てない

すごく素敵な言葉ですね。
心の痛いところに、すぅーっと染みてくみたいです。ありがとうございました!
同じftmの彼氏がいる友人がいるなんて、羨ましいです!
2013/02/12 Tue 07:31:46 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/12 Tue 02:58:10
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/12 Tue 00:03:55
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/11 Mon 23:11:05

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する